女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > カプサイシンの育毛効果・注意点・食品まとめ

カプサイシンの育毛効果・注意点・食品まとめ

カプサイシンの育毛効果・注意点・食品まとめ

カプサイシンは、トウガラシなどに含まれる辛味成分のことをいいます。からいものを食べたときに汗をかいたり、身体が熱くなったりすることはカプサイシンの働きによるものです。

そのカプサイシンの作用によってどのような育毛効果があるのでしょうか。

カプサイシンの育毛効果

女性が汗をふく

カプサイシンは、体内に取り込まれることで中枢神経を刺激し、ホルモン分泌を促します。これにより、エネルギー代謝が盛んになるため、運動した時と同じように熱エネルギーが汗となって体外に排出されます。

カプサイシンの作用で体内の代謝が良くなることで、頭皮の血行が促進されます。それに、頭皮の緊張や疲労が解消されやすくなり、頭皮にまで栄養が届きやすくなります。また、体内の老廃物を排出しやすくなるので、毛穴の詰まりをなくすことができ、頭皮が健康になるというメカニズムです。

さらに、カプサイシンは、「イソフラボン」を同時に取ることで発毛促進効果があることが明らかにされています。これはカプサイシンの知覚神経を刺激する作用が関連しています。

カプサイシンとイソフラボンで発毛促進!

カプサイシンとイソフラボンの解説図

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで、毛母細胞を活発化させる「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」という物質を作りだし、発毛促進をすることができます。詳しく見ていきましょう。

カプサイシンで「CGRP」を刺激する

先述したように、毛母細胞を活発化させるIGF-1を作り出すことで、発毛を促進させることが期待されています。その前に、IGF-1を生成するためには「CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」という物質を作り出す必要があります。

カプサイシンは、体内で知覚神経を刺激することによってCGRPの働きを活性化させます。ただ、カプサイシン自体にはCGRPをサポートする役目はありますが、増やすことはできません。

その一方、CGRPを増やすことができる唯一の成分がイソフラボンです。

イソフラボンが「CGRP」を増やし、「IGF-1」を生成する

イソフラボンは、髪の毛の主成分である植物性タンパク質を含んでいます。また、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分で、抜け毛の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼを制御することで、髪の成長を助けることができる成分です。

現段階では、「CGRP」を作り出すことができるのはイソフラボンだけといわれていますので、「IGF-1」を生成することのできる唯一の物質と言えます。

【一緒に読まれている記事】
イソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめイソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめ
イソフラボンは、育毛成分だけでなく、女性らしさを保つ美容成分でもあります。こちらの記事では、イソフラボンの育毛効果や摂取の上での注意点を含めて、徹底解説して...

カプサイシンの注意点

カプサイシンの作用は、からいという味覚から感じられることができます。からさが増すほど効果が上がるということはありません。

舌がしびれるほどのからい食事を摂取することは、胃や腸の粘膜にダメージを与えてしまい、育毛効果の低下や肌荒れになる可能性を引き起こしてしまいます。自分の身体の負担も考慮した上で、適度なからさに調整にしましょう。

カプサイシンとイソフラボンが含まれる主な料理

キムチ納豆ごはん

ここでは、カプサイシンとイソフラボンの組み合わせで育毛・発毛効果を促進できる料理をご紹介したいと思います。

食べるときのポイントとしては、同時に摂取することです。また、IGF-1は夜間に増えると言われているので、夕食時に食べることを意識してみましょう。

納豆キムチ

カプサイシンとイソフラボンの効果を上手に引き出せるのが納豆キムチです。納豆にキムチを乗せた簡単な料理ですが、納豆とキムチはどちらとも発酵食品です。発酵食品はIGF-1が増えやすいも言われています。

納豆は1パックで1日の摂取目安量を取れますので、長く続けられることでも効果を得やすい料理です。

冷ややっこ(豆腐)のキムチ乗せ

簡単にできるカプサイシンとイソフラボンの食品でもう一つ挙げたいのが、冷ややっことキムチの組み合わせです。冷ややっことキムチの上にのりやゴマ油をかけると、中華風な味付けになり、ボリュームもでて物足りなさもなくなります。

マーボー豆腐

マーボー豆腐は、中華料理の定番で人気のある料理のひとつです。マーボー豆腐に含まれる、豆腐とトウバンジャンという組み合わせがぴったりですね。

マーボー豆腐には、豆腐をはじめ、ひき肉、にんにく、しょうが、長ネギ、トウバンジャンを用意し、調味料として鶏がらスープの素、しょうゆ、砂糖、みそ、料理酒、片栗粉、ごま油があれば作ることができます。

もっと簡単に作りたい方は、スーパーでマーボー豆腐の素がたくさん売られています。

マーボー豆腐ではありませんが、豆腐とネギなどの野菜をトウバンジャンで炒めて召し上がることも簡単にできておすすめです。

【一緒に読まれている記事】
炭酸水炭酸水が頭皮によい三つの理由って?頭皮ケアの方法も合わせて紹介
女性は美肌というキーワードに敏感です。そんな女性たちがこぞって取り入れているのが炭酸水ケアです。そこで炭酸水が頭皮に良いという理由を三つの視点から検証し、頭...

おわりに

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果は、続けていくことで早くて3カ月から効果が見え始めるという実験結果も出ています。

育毛には個人差もありますので、焦らず取り続けていきましょう。夜間にIGF-1が増加すると言われていますので、生活習慣にも気をつけておくとさらに育毛効果が高まることでしょう。

また、育毛剤を使って対策をしている人も今は増えてきています。カプサイシンやイソフラボンと併せて女性の頭皮に合う育毛剤を使えば、効果をさらに上げることも夢ではありません。気になる方はぜひチェックしてみてください。