女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 魚に含まれるDHA・EPAが育毛に効果的?その根拠はいかに

魚に含まれるDHA・EPAが育毛に効果的?その根拠はいかに

サバ

青魚に多く含まれることで有名なドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)が育毛にも効果的という事実をご存じでしょうか。これには血液の巡りなどが大きく関係しているといわれています。

今回は魚に含まれるDHA・EPAがいかに育毛に効果的なのかを紹介します。

DHA・EPAとは

DHA・EPAは青魚に含まれることで有名な成分であり、頭をよくする効果があるとされています。まずは、DHA・EPAがどのような成分なのかを詳しく見ていきましょう。

DHA・EPAは不飽和脂肪酸

DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸に分類することができます。

飽和脂肪酸が中性脂肪やコレステロールを増やすのに対して、不飽和脂肪酸はコレステロール等の調整を行う機能があるといわれています。

これら二つの成分は体内で生成することができないため、食品などから積極的に摂取する必要があります。

DHA・EPAは青魚に多く含まれる

DHA・EPAは青魚に多く含まれる成分として有名です。具体的にはアジやイワシ、サバ、マグロ、カツオなどです。他にも野菜類でいえばナスに含まれています。

記憶力・判断力の向上が期待できる

DHA・EPAは昔から頭をよくする成分として有名であり、魚を食べると頭がよくなるという内容の歌詞が誕生したのは、青魚に多くのDHAやEPAが含まれるためだと予想されます。脳に深く関わることから記憶力や集中力、判断力を向上させる効果があります。そのため、受験シーズンなどに摂取する学生も少なくないようです。また、アルツハイマー病の予防にもなることから、高齢の方の摂取も推奨されます。

DHA・EPAの育毛効果

健康な血管

ここからは本題である、DHA・EPAが育毛にどのような効果を発揮するのか見ていきましょう。

コレステロール値を下げる

DHA・EPAにはコレステロール値を下げる効果があるといわれています。コレステロールとは肉類や卵に多く含まれるもので、摂取しすぎてしまうと動脈内にコレステロールが張り付き、それを原因に血管が硬くなってしまうことがあります。そうなると、頭皮の毛細血管の流れも悪くなってしまうため、頭皮へとうまく栄養や酸素が運ばれないのです。また、コレステロールの上昇は動脈硬化につながることもあります。

上でも挙げた青魚などの食材を摂取することで、DHAが血管壁や赤血球の柔軟性を上げ、EPAが血小板の凝集作用を抑えることで血行を促進し、頭皮の環境を育毛に適したものに保ってくれます。

中性脂肪を減らす

DHA・EPAには中性脂肪を減らす効果もあります。中性脂肪とは不要になった脂肪が肝臓に蓄積したものであり、過剰になると血中の脂肪分が増えることから血液がドロドロの状態になってしまいます。

DHA・EPAには脂肪の代謝を促すと同時に中性脂肪の蓄積や血液への分泌を抑える効果があることから、血液がドロドロになるのを予防できます。血液がドロドロの状態になると、血流が低下することから髪の毛へと栄養や酸素が届きにくくなるのです。

DHAがストレスを軽減する

正確なメカニズムは解明されていないようですが、DHAにはセロトニンの分泌をスムーズにする可能性があるとされています。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれることもあり、リラックス状態を生み出してストレスを緩和する効果を持ちます。また、ストレスの緩和にはセロトニンの積極的な分泌が重要ともいわれており、DHAの摂取によるストレス軽減が期待されるのです。

ストレスは髪の毛を構成するために必要な亜鉛の消費を促すうえ、血流不足を招きます。

【一緒に読まれている記事】
髪の毛が健康である二つの定義と健康な髪の毛を作るための二つの方法髪の毛が健康である二つの定義と健康な髪の毛を作るための二つの方法
抜け毛が増えて自分の髪の毛が薄くなってくると、健康な髪の定義が気になってきます。健康な髪というのは、具体的にどういう状態を指すのでしょうか。今回は「健康な髪...

DHA・EPAの効率的な摂取方法

マグロの中トロ

上記の説明でDHA・EPAがいかに育毛に効果的かお分かりいただけたでしょう。ここからはDHA・EPAの効率的な取り方を紹介します。

青魚を食べる

DHA・EPAは青魚に多く含まれる成分です。特にイワシやマグロ、サバ、ブリなどに多くのDHAやEPAが含まれるといわれているので、これらを積極的に食べるようにしましょう。

ただし、マグロならトロを食べる必要があり、赤身だと含有量が25分の1程度まで低下してしまいます。

青魚は刺し身で食べる

DHA・EPAは青魚の脂身部分に多く含まれるため、刺し身で食べるのが最も効率的です。加熱をしてしまうと脂が溶け出してしまうため、DHA・EPAの含有量が減ってしまいます。

どうしても刺し身が苦手であれば、煮付けなど溶けだした脂も一緒に摂取できる料理を選びましょう。

サプリメントを活用する

青魚が苦手な方や、毎日の摂取が難しいという方は、サプリメントを使用するのもおすすめです。DHA・EPAを豊富に含むサプリメントであれば、青魚などを食べずとも十分な量を摂取可能です。

ただ、青魚には育毛に必要なタンパク質やビタミン類なども多く含まれています。そのため、なるべくサプリメントではなく食品から摂取するようにしましょう。

【一緒に読まれている記事】
今日からできる食事対策!薄毛に効果的な8つの食べ物今日からできる食事対策!薄毛に効果的な八つの食べ物
私たちの髪の毛は毎日の食事から作られています。慌ただしい現代では、毎日の食事バランスを考えるのも大変ですが、薄毛になりやすい原因のひとつとして、食生活の乱れ...

おわりに

DHA・EPAの持つ育毛への効果はいかがでしたか。ここまで読んでくださった方ならお分かりのように、DHA・EPAの持つ育毛への効果は主に血行促進です。

血液は全身に酸素や栄養を運ぶ重要なもので、血行が悪くなると頭皮をはじめさまざまな箇所が栄養不足に陥ってしまいます。頭皮の血行不良は薄毛や抜け毛の大きな原因となりますので、青魚をしっかり食べて早めの対策をしましょう。