女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 成分 > 尿素は頭皮や髪の毛に良い?尿素が持つ二つの働き

尿素は頭皮や髪の毛に良い?尿素が持つ二つの働き

尿素クリーム

薄毛が進行してくると、少しでも頭皮や髪の毛に良いといわれるものはすべて試したいものです。効果的だという成分は多数ありますが、今回ご紹介するのは尿素です。

ハンドクリームや美肌用コスメにも含まれる尿素ですが、頭皮や髪の毛にどのような効果をもたらすのでしょうか。

人体でも作られる尿素はタンパク質を分解する

尿素はウレアとも呼ばれ、もともとは人間などのほ乳類の尿や動物(カエルやサメなど)の体液に存在する物質です。

尿素ができるまでには複雑な過程があり、まず体内でタンパク質が分解され、タンパク質がアミノ酸を経てアンモニアに変化し、肝臓内で尿素に変わって腎臓を経由して尿として排出されることになります。健康な成人なら1日に約30グラムを体内で作りだしては排出しています。

現在ではアンモニアと二酸化炭素を原料にして工業的に生産することができ、園芸用肥料や尿素樹脂、医薬品、化粧品の原料として使用されています。

尿に含まれる物質が肌や髪に良いと聞くとびっくりされるかもしれませんが、尿素そのものは無色無臭の結晶です。アルコールや水に溶けやすい性質があるため、化粧品の成分として使いやすく、尿素入りクリームなどが多数開発、販売されています。

タンパク質を分解し、角質を柔らかくする効果

なぜ尿素が化粧品や医薬品として使われているかというと、タンパク質を分解する働きがあるからです。

人間の骨や筋肉、皮膚などはタンパク質で構成されており、特に皮膚や頭皮は角質層というタンパク質でおおわれています。

尿素は皮膚の外側にある角質層を分解することができるので、足のかかとなど硬くなりすぎた部分に尿素入りクリームを使うと、角質層がとけて硬い部分が除去され、肌が柔らかくなるのです。

頭皮を柔らかくして血行促進

頭皮が硬いと、血液の循環が悪く髪に栄養が行き届かない状態になるので、髪が育たないだけでなく、毛穴に汚れが詰まりやすくもなります。

尿素入りのスプレーを使い、頭皮マッサージを行うことで血流を改善し、髪を育てる環境を整えましょう。

【一緒に読まれている記事】
育毛剤にアルコールが含まれている四つの理由 髪への悪影響はないの?
原材料表を見ると分かるのですが、育毛剤にはエタノールなどのアルコールが含まれることが多いです。しかし、なぜアルコールが育毛剤に含まれるかご存じの方は少ないの...

尿素が水分を保持し、頭皮をうるおす

頭皮ケアをする女性

尿素には保湿効果もあります。

尿素は天然の保湿成分です。女性用の基礎化粧品などで利用されるNMFという天然保湿成分で、皮膚の角質層内にも、わずかですが常に保持されている物質なのです。そのため医薬品に含まれる尿素は、抗角化症薬の成分として広く使われてきました。

昔から尿素がひびやあかぎれ、しもやけ、手のひらや足裏の角化症などに効果があるといわれるのは、この保湿効果を利用しているからです。

分子を取り込みやすい窒素と炭素の化合物で、水分をがっちりキープ

尿素が効率よく保湿できる理由は、尿素が窒素と炭素の化合物であるためです。

窒素と炭素の化合物は、分子を取り込みやすい状態になっています。そして頭皮を含む皮膚の表面にはいつも水分子がありますから、尿素が加わることによって皮膚上にある水分子をしっかりと取り込んで離さないため、保湿ができるということになります。

頭皮の乾燥が気になる人は、尿素の保湿効果はとても重要です。一方で、日常的に尿素を頭皮に使用することは、あまりおすすめできません。その理由を次項でご紹介します。

乾燥した頭皮にスポット的に使うと効果的

スプレーを使う女性

尿素のさまざまな効果は、タンパク質を分解する働きがあることに由来します。

しかしタンパク質の除去効果は、頻繁に利用しすぎると健康な角質を取り除いてしまう危険性も持っています。はじめのうちは固くなりすぎてしまった皮膚のタンパク質を分解・除去することで、皮膚の柔らかさを再生しますが、あまり使いすぎると必要な角質まで分解してしまうのです。

例えば足のかかとなどのように角質層が乾燥してガチガチになっている状態なら、尿素のタンパク質分解力は絶大な効果をもたらします。

しかし皮膚や頭皮など、それほど硬くなっていない部分に対して毎日高濃度の尿素をスプレーし続けると、皮膚にとっては大きな負担になってしまうこともあります。

使いすぎると、頭皮のターンオーバーが早くなりすぎる

尿素を頭皮に使いすぎるとタンパク質の分解が進み、頭皮の角質の剝がれ方が早くなります。するとターンオーバーが早くなりすぎてしまうリスクがあります。

ターンオーバーとは、新しい皮膚が出来上がるタイミングに合わせて古い角質層がはがれていくことです。あまり期間が短くなりすぎると、皮膚の生成が追いつかず、まだ完成していない未熟な皮膚が表面に出てきます。未熟な皮膚には保湿能力が十分にないため、水分が逃げやすく乾燥しがちになってしまうのです。

頭や髪の毛に尿素を使いすぎると、頭皮でも同じことが起きてきます。これでは尿素の保湿能力を生かすことができず、かえって頭皮の乾燥を招きかねません。

【一緒に読まれている記事】
頭皮の乾燥と薄毛には密接な関係が!?薄毛につながる三つの理由と対策法
顔などの肌が乾燥すると、ニキビができたり、シワになったりしますよね。頭皮も同じで、乾燥するとさまざまなトラブルが生じます。そのトラブルが肌の表面だけに起こっ...

おわりに

尿素は固くなった頭皮をほぐし、さらに保湿もしてくれるという効果がある反面、あまり頻繁に使用すると頭皮に負担が掛かるという一面もあります。

極端にひどい乾燥に対してスポット的に使用すると改善効果がとても高いので、頭皮の状態が改善した後は使用を控えて、他の頭皮ケア用品に切り替えると相乗効果でより頭皮環境が改善するでしょう。