女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 成分 > ビタミンAの育毛効果・豊富な食材・注意点まとめ

ビタミンAの育毛効果・豊富な食材・注意点まとめ

ビタミンA

ビタミンAは粘膜の強化に役立つ栄養であり、目の健康にも欠かせません。 また、ビタミンC、ビタミンEと一緒に摂取すると、抗酸化力が非常に高くなるので頭皮環境にも非常に大切なものです。今回は、ビタミンAが育毛のどのように働きかける栄養なのかについて紹介していきます。

ビタミンAの働きとは

免疫力を高める女性

1.粘膜の強化

ビタミンAは肌だけでなく、目や口などありとあらゆる粘膜を正常に保つ働きをします。粘膜から雑菌が入り込むことで、免疫力が低下することを防ぎ健康な体を維持してくれます。風邪をひきやすい人は、このビタミンAが不足しているとも考えられていて、健康維持には欠かせないビタミンの一つです。

2.分泌系の活性化

老廃物を円滑に排出することもビタミンAの重要な働きのひとつです。ビタミンAが不足してしまうと、皮脂腺や汗腺の働きが弱ってしまい、頭皮が乾燥したり毛穴の老廃物が排出されなくなったりしまいます。髪の生え変わりを促すためにも、ビタミンAは大切な栄養素なのです。

3.悪玉コレステロールを減らしてくれる

ビタミンAは、ビタミンC・ビタミンEと一緒に活性酸素を抑制してくれるので、悪玉コレステロールが作られないようにしたり、動脈硬化を予防してくれたりするなど、血液を正常化して栄養が頭皮に運ばれやすくしてくれます。

ビタミンAを含む食材

ビタミンAを含む食材

ビタミンAは植物性ビタミンのβカロテンと、動物性ビタミンの2種類があります。どちらも同じ脂溶性ビタミンですが、それぞれ吸収率が異なります。

動物性ビタミンの場合、過剰摂取をすると肝臓障害を引き起こし、かえって頭皮環境を悪くしてしまう例もあるようなので、できればβカロテンから多く摂取するのがベストです。

1.動物性食品

鶏・豚レバーが1番多く、牛レバー、ギンダラ、ウナギ、ホタルイカなどにビタミンAが豊富です。特に鶏と豚のレバーにはビタミンAだけでなく鉄分も豊富ですから、貧血になりやすい女性にとって強い味方にもなります。 動物性食品も過剰摂取を控え、野菜類とバランスよく摂取さえすれば全く問題はありませんので、安心してください。

2.植物性食品

焼きのりにはビタミンAが豊富で、しそ・モロヘイヤ・にんじん・ほうれん草(ゆでたもの)からは、過剰摂取の心配のないβカロテンとして摂取が可能です。植物に含まれているβカロテンは、体内に入るとプロビタミンAに変換され、余分なものはそのまま排出されます。

【一緒に読まれている記事】
アーモンドの育毛効果を知って薄毛・抜け毛対策に活用しよう
アーモンドというと最近はその美容効果が注目されていますが、育毛にはあまり関係しないように思われています。しかしアーモンドに含まれる成分には髪を育てるためにと...

ビタミンAは油と同時摂取がベスト

脂溶性ビタミンでもあるビタミンAは、動物性・植物性に関わらず油との相性が良いので、炒めたり、ドレッシングとして利用するナッツ類と調理したりするなどの工夫で吸収率がアップします。

ビタミンAの摂取に関して注意したいポイント

野菜を食べる女性

ビタミンA不足は育毛にどんな影響を与えるのか

ビタミンAが不足すると、視力の低下や肌荒れなどが症状としてあらわれます。頭皮が乾燥しやすくなり、かゆみやフケが多くなり毛穴も詰まりやすくなるので、抜け毛が増えてしまい健康な髪が生えにくくなります。

健康な人は、肝臓にビタミンAが貯蓄されているため、普通に生活をしている分には不足することはあまりありません。アルコールを飲む人や、仕事で目を酷使するような人は、できるだけ積極的に摂取すべきであると言えます。

ビタミンAの過剰摂取は危険?

ビタミンAを過剰に摂取した時に見られる症状としては、頭痛や吐き気、めまい、肝臓障害、そして脱毛です。 もちろん、通常の食事をしている限りは問題はありませんが、例えば育毛や薄毛対策のためにサプリメントを常用している人は注意が必要です。サプリに配合されているビタミンAがβカロテンであれば、必要な量以外は蓄積されることはありませんので安全です。 しかし、動物性のビタミンAであった場合には深刻な症状につながってしまうこともあります。サプリメントを購入する際には注意してチェックするようにしてみてください。

妊活中や妊娠中の女性は特に注意すること

妊娠をすると、ホルモンの関係から抜け毛が増えたり、自分の体の変化に戸惑いを覚えたりして円形脱毛症になったりすることがあります。これらは一時的なものですから、出産後には治りますが、育毛中だからとビタミンAを過剰摂取してしまうと赤ちゃんの奇形リスクを高くしてしまいます。妊娠中には、いつもよりも多めに摂取しなくてはならないのですが、動物性からではなく植物性のビタミンAの摂取を心がけ、過剰摂取にならないようにしましょう。

【一緒に読まれている記事】
ピルの服用には薄毛のリスクが?!ピルと薄毛の関係性を徹底解説!
ピルは、避妊や生理痛の緩和、生理不順の解消、PMS・更年期障害の症状対策に良いとされています。実際に服用されている方もいるのではないでしょうか。今回は、ピルの服...

おわりに

ビタミンAは一般的には不足しない栄養と言われているので、無理をして摂取する必要はありません。動物の肝に多く含まれていますので、アルコールが好きな人も焼き鳥などで食べる機会があれば努めて摂取するようにすると良いでしょう。 食べ過ぎると肝臓や脂肪組織に蓄積されてしまい、抜け毛の原因となるだけでなく頭皮環境を劣悪にしてしまいます。

植物性のβカロテンは、小腸で吸収されるときに不足しているとレチノールに変換されますが、余剰なものは抗酸化物質として働くので体内には残留せずに排出されていきます。動物性と植物性、どちらも大切なビタミンAですが、2種類のうち積極的に摂取するのであれば植物性のβカロテンが髪のためになりますので、野菜でしっかり取るようにしましょう。