女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 鍋の季節!薄毛対策や育毛効果のある食材と鍋料理まとめ

鍋の季節!薄毛対策や育毛効果のある食材と鍋料理まとめ

鍋の季節!薄毛対策や育毛効果のある食材と鍋料理まとめ

寒い季節には鍋を食べる機会が多くなりますね。鍋は、薄毛対策や育毛に効果的な料理です。さらに食材を厳選することによって、育毛に期待できる鍋を作ることができます。今回は、薄毛対策や育毛に効果のある鍋の食材をご紹介していきます!

薄毛にもいい!鍋の効果

ごはんを食べる女性

まず、鍋は簡単な調理方法で食材をバランスよく取り入れることができます。食材を温かいまま食べるので、発汗作用もあり毒素や老廃物を排出してくれます。脂を使った調理ではないので、ヘルシーな料理です。

普段から食べている食材で栄養が高くても、硬い繊維のものは消化吸収が悪く、胃腸にも負担を掛けています。しかし、鍋で煮込むことによって繊維がやわらかくなり、胃腸に負担を掛けることなく、効率よく栄養を摂取することができます。

さらに、鍋に残ったスープは、食材が溶け込んだ栄養満点のスープです。残して捨ててしまうのはもったいないのです。雑炊やうどん、ラーメンを入れるなど、締めとして最後まで食べるのもおすすめです。

鍋の最大のいいところは、どんな食材をいれても相性がいいところです。

頭皮や髪の毛に良いカキや青魚など、調理がしにくい食材も鍋の食材にいれてしまえば、煮込むだけで食べやすくなります。

育毛効果のある鍋食材7選!

カキ鍋

大豆製品

鍋に合う大豆製品といえば、豆腐、豆乳があげられます。大豆イソフラボンは髪の毛の成長を促してくれる女性ホルモンに似た働きをしてくれます。ちなみに納豆が大豆製品のなかでもっとも大豆イソフラボンを豊富に含んでいます。

緑黄色野菜

代表的な緑黄色野菜でいうと、トマト、カボチャ、小松菜、いんげん、ししとう、春菊、ニラ、にんじん、ブロッコリー、ほうれん草、トウガラシ、ニラなどが挙げられます。

緑黄色野菜のうち、特ににんじん、春菊、ニラにビタミンAが多く含まれています。ビタミンAは、皮膚や髪の毛を正常に保つ働きがある成分です。ブロッコリーはビタミンCを多く含み、免疫力の強化やストレスケアをしてくれることにより頭皮環境を整えてくれます。ほうれん草にはカリウムが入っており、細胞の代謝を促進させる働きをします。

肉類(鶏肉・豚肉・レバー)

髪はタンパク質からできているため、その原料としてタンパク質が必要です。肉類にはタンパク質が含まれています。鶏肉・豚肉がヘルシーで脂身も少なめでおすすめです。しかし、肉類には飽和脂肪酸が含まれているので食べすぎてしまうと動脈硬化や肥満になりやすくなります。

特にレバーは、薄毛対策や育毛に必要な必須アミノ酸やミネラル(亜鉛)が豊富に入っています。レバーが得意でないという方も、他の食材と一緒に食べることで食べやすくなります。

キムチ

キムチの原料の中にトウガラシが入っています。トウガラシには「カプサイシン」という育毛に効果的な成分が入っています。この「カプサイシン」と先述した「イソフラボン(大豆)」が、頭皮の炎症を抑えたり、ヘアサイクルを正常化させてくれたりする「IGF-I」を増やしてくれる働きがあります。また、辛味を感じるのは「カプサイシン」が働いている証拠で、発汗作用やエネルギー代謝も促してくれます。

カキ

カキには亜鉛を含むミネラルやビタミンなど、多く栄養が豊富な食材ですが、傷みやすい食材なので普段の調理の仕方にも注意が必要な食材です。しかし、鍋にしてしっかり熱してしまえば簡単に食べることができます。

わかめ

髪の毛にいい食べ物といえばワカメ、と一度は聞いたことがあると思います。ワカメには髪の毛に必要なミネラルやビタミンを豊富に含んでいる食品です。

卵は非常にバランスの良い食品です。卵のなかには、ひよこが成長するために必要な栄養成分がつまっており、タンパク質、カルシウム、鉄分、亜鉛など、髪に必要な栄養も含んでいます。

貝類(しじみ・あさり)

しじみには「オルニチン」という成長ホルモンを分泌させる成分を持っています。また、タウリンやビタミンB群、鉄分も含まれています。そして、アサリはミネラル、タウリン、亜鉛も豊富に含まれた食品です。ただし、貝類は鍋にいれる前には塩抜きをする必要があるため、若干の手間はかかってしまいます。

【一緒に読まれている記事】
カプサイシンの育毛効果・注意点・食品まとめカプサイシンの育毛効果・注意点・食品まとめ
カプサイシンは、トウガラシなどに含まれる辛味成分のことをいいます。からいものを食べたときに汗をかいたり、身体が熱くなったりすることはカプサイシンの働きによる...

育毛鍋料理!おすすめの鍋料理3選!

キムチチゲ鍋

ここでは髪の毛に栄養のある食材を使った、育毛効果を高める鍋料理をご紹介したいと思います。今ではスーパーなどに鍋スープなど売っているので、簡単に凝った鍋料理を味わうことができますよ。

キムチチゲ鍋

キムチチゲとは、キムチと野菜などの食材を入れた韓国風鍋のこといいます。スープの作り方は、主にキムチ、コチュジャン、みそ、一味で作ります。面倒な方はスーパーにキムチスープの素が売っているので、手間をかけずキムチチゲのスープを作ることができます。

ここに豆腐や豆乳を入れると「カプサイシン」と「イソフラボン」を同時に取ることができ、「IGF-I」を増やし薄毛対策・育毛効果に期待ができます。

キムチ鍋にすることでからくて熱いので、発汗作用が高まり、頭皮の老廃物や代謝を促進してくれます。またこのときに、普段食べにくい、レバーなど入れると臭みが感じにくくなって食べやすくなりますよ。

トマト鍋

トマト鍋は、トマト缶やトマトジュースをスープのだしに使って作ります。トマトに含まれる「リコピン」が血行促進や頭皮のダメージを軽減し、頭皮の環境を整えてくれる作用があります。夏の紫外線による頭皮のダメージが出やすい秋に食べるといいかもしれませんね。また、チーズやバジル、白ワインを入れてアレンジを加えると洋風鍋も楽しむことができます。

豆乳鍋

豆乳鍋は主に、豆乳、白みそ、白だしなどを中心にスープを作ります。豆乳は、大豆をすりつぶして絞ったときにできる、豆腐に固める前段階の液体です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの代わりになる働きをしてくれるだけでなく、血行促進にも期待できる成分です。ホルモンバランスが乱れがちな方におすすめします。

しかし、大豆イソフラボンは目安の摂取量が1日70~75mgと決まっています。過剰に取りすぎると女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲン分泌が過剰になり、乳がんなど女性特有の病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

豆乳鍋にする分には摂取量を越えることはありません。心配な方は市販の豆乳鍋のスープを買ったり、豆乳鍋のレシピ本を参考にしたりしてみましょう。また、豆乳鍋に合う育毛食材は、豆腐や豚肉、サケ、カキなどの食材が相性がよくおいしく食べられることでおすすめです。

トウバンジャンなどの辛味を加えることによって、キムチチゲ鍋のような「カプサイシン」+「イソフラボン」の育毛効果も出しやすくなります。

【一緒に読まれている記事】
イソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめイソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめ
イソフラボンは、育毛成分だけでなく、女性らしさを保つ美容成分でもあります。こちらの記事では、イソフラボンの育毛効果や摂取の上での注意点を含めて、徹底解説して...

おわりに

寒い季節は、冷えにより頭皮の血流も滞りやすく、血行不良から栄養が届きにくく、薄毛になりやすい季節です。冬には鍋料理を味わう機会がたくさんありますので、鍋料理の種類や食材の組み合わせで薄毛対策や育毛につなげることができます。鍋料理を作る際に、参考にしてみてくださいね。