女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 食事 > 玄米に育毛効果がある?玄米に含まれる五つの栄養素が髪の毛の土台を作る

玄米に育毛効果がある?玄米に含まれる五つの栄養素が髪の毛の土台を作る

玄米

白米に比べてボソボソした食感をしているため苦手意識を持つ方も多いようですが、玄米には育毛効果が期待できる栄養素が多く含まれています。今回は玄米に含まれる栄養素や具体的な効果などをご紹介します。

玄米が育毛に効果的

玄米は見た目や食感こそ白米にかなわないものの、育毛に効果的な栄養素を多く含むといわれています。まずは玄米の特徴などを見ていきましょう。

玄米とは

玄米は簡単に説明するなら精白していない状態のお米です。白米の場合はもみ殻はもちろんのこと、その下にある果皮や種皮、胚芽なども除去するのですが、玄米の場合は一番外側にあたるもみ殻のみを取り除きます。つまり、白米に比べて玄米の方が含有しているものが多いわけです。

玄米は白米に比べて栄養が豊富

白米に対して除去する部分が少ないことから玄米には豊富な栄養素が含まれています。白米にも含まれるタンパク質や食物繊維、ビタミンB1やB2、マグネシウム、カルシウムなどはもちろんのこと、ポリアミンやイノシトール、γ-オリザノール、フェルラ酸、GABAなどの玄米にしか含まれない成分も豊富です。

これらの成分が髪の毛のどだい作りに影響することから、玄米は「食べる育毛剤」と呼ばれることもあります。

玄米に含まれる育毛効果のある5つの栄養素

栄養素

ポリアミン

ポリアミンは新陳代謝の向上や老化防止などの効果を持つ成分です。また、オリザ油化株式会社による実験によって毛乳頭細胞の増加やキューティクルの修復効果があることも分かっています。加えてポリアミンにはヘアサイクルの成長期部分を延長させる効果があることから育毛に効果的といえるでしょう。ヘアサイクルは成長期と退行期と休止期を繰り返すもので、成長期で髪の毛が作られます。

GABA

GABAはリラックス成分として有名な栄養素です。薄毛や抜け毛の原因となるストレスを軽減することから育毛に効果的とされています。さらに、GABAには育毛に大切な働きをするIGF-1を増やす効果や、血圧を正常に保つ効果を持ちます。IGF-1とは毛母細胞の細胞分裂を活性化し、ヘアサイクルを正常に戻す役割を持った成長因子です。つまり、GABAの摂取によって髪の毛のどだい部分を安定させることが可能です。

イノシトール

イノシトールには外部から取り込んだ栄養分を神経細胞に供給し、細胞を活性化する働きがあるため、髪の毛のどだい作りに役立つといわれています。また、髪の毛の元であるタンパク質を合成する肝臓へと脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があることからも、髪の毛のどだい作りをサポートしているといえるでしょう。

γ-オリザノール

γ-オリザノールには血行を促進する効果があるとされています。抜け毛や薄毛の原因のひとつに頭皮の血行不良があります。頭皮への血液の供給が滞ってしまうと酸素や栄養が不足してしまうことから抜け毛が増えてしまうのです。そんな血行不良をγ-オリザノールで解決することができれば、酸素や栄養不足による抜け毛の問題が解消されます。

また、γ-オリザノールの体内で増えた活性酸素を除去する抗酸化作用も育毛に効果的といわれています。活性酸素はストレスや喫煙、アルコールなど多くの要因から増えるもので、過剰に発生すると抜け毛を増やしてしまうのです。さらに、活性酸素は老化を早める原因になります。

フェルラ酸

フェルラ酸の持つ育毛効果もγ-オリザノールと同じく血行促進です。血液中の善玉コレステロールを活性化させ、悪玉コレステロールを減少させることで血流をよくしてくれます。また、抗酸化作用を持っている点もポイントです。血行促進からの頭皮環境改善は髪の毛のどだい作りといえるでしょう。

【一緒に読まれている記事】
アーモンドの育毛効果を知って薄毛・抜け毛対策に活用しよう
アーモンドというと最近はその美容効果が注目されていますが、育毛にはあまり関係しないように思われています。しかしアーモンドに含まれる成分には髪を育てるためにと...

他にもある玄米の効果

体重計に乗る女性

玄米の効果は育毛に関するものだけではありません。豊富な栄養を含むことからダイエットやアンチエイジングにも効果的といわれています。

玄米によるダイエット効果

玄米には白米よりも豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内で善玉菌の餌となり腸内環境を改善し、便秘を解消してくれる役割を持ちます。腸内環境の改善から便をスムーズに排せつすることができれば体重は自然と落ちていくでしょう。

また、玄米は白米よりも硬いため、噛む回数が増えます。人間はかむ回数が増えることで満腹感を覚える生き物です。つまり、白米に比べて玄米の方が食べすぎによる肥満を引き起こしにくいといえます。

アンチエイジング効果

先ほどγ-オリザノールとフェルラ酸には抗酸化作用があると紹介しました。この抗酸化作用による活性酸素の除去は老化防止にも効果的だといわれています。実際、美容関連の記事では活性酸素対策が重要と紹介されることも多いです。

また、ビタミン類やミネラル類などの豊富な栄養素による肌荒れ改善効果も期待されます。

がん予防効果

アメリカの国立がん研究所が作成した、がん予防に効果的な食品をまとめたデザイナーフーズピラミッドによれば、玄米は玉ねぎやトマトなどと同じ程度にがん予防効果があるようです。40~89歳の日本人の死因でもっとも多いのはがんですので、早めに対策しておきたいところです。

【一緒に読まれている記事】
今日からできる食事対策!薄毛に効果的な八つの食べ物
私たちの髪の毛は毎日の食事から作られています。慌ただしい現代では、毎日の食事バランスを考えるのも大変ですが、薄毛になりやすい原因のひとつとして、食生活の乱れ...

おわりに

玄米による育毛効果はいかがでしたか。このように玄米は育毛効果をはじめ、ダイエット効果やアンチエイジング効果まで兼ね備えています。最近は玄米をおいしく食べるレシピも増えていますし、これを機に白米を玄米に切り替えてみてはいかがでしょうか。