女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 食事 > ヨーグルトで育毛?発酵食品が育毛に効果的な理由は?

ヨーグルトで育毛?発酵食品が育毛に効果的な理由は?

ヨーグルト

ヨーグルトをはじめとする発酵食品は古くから健康効果が高いことで知られています。そんな健康効果のひとつとして育毛効果があることをご存じでしょうか。特にヨーグルトには育毛に効果的な乳酸菌が多く含まれるといわれています。

今回はヨーグルトなど発酵食品が育毛に効果的な理由を紹介しましょう。

発酵食品が育毛に効果的な理由

ヨーグルトなどの発酵食品には育毛をサポートする働きがあります。まずはその具体的な効果を見ていきましょう。

発酵食品とは

発酵食品とは菌や微生物の力により、本来の食品が持っていなかった風味や栄養素が生まれた状態のことです。有名なものとしては納豆があり、これは大豆に納豆菌が作用した結果、誕生したものです。ヨーグルトも発酵食品のひとつで、牛の乳に乳酸菌などが作用することで作られます。

発酵食品でIGF-1が増える

私たちの体内にはIGF-1と呼ばれるタンパク質が存在しています。このIGF-1は毛乳頭細胞に多く存在しており、IGF-1の指令を受けることで毛母細胞がヘアサイクルを正常化します。

ヘアサイクルとは毛髪の生え変わり周期のことで、これが乱れてしまうと抜け毛が多くなり薄毛が進行するといわれているのです。

そのため、IGF-1を増やすことが育毛につながると考えられています。ヨーグルトをはじめとする発酵食品には胃腸の知覚神経を刺激することで胃腸の近くにあるIGF-1を増やす働きがあるうえ、全身へと刺激が伝達されることで体中のIGF-1も増加します。

つまり、発酵食品の摂取によって頭皮のIGF-1も増加し、ヘアサイクルの正常化効果が得られるわけです。

腸内環境の改善も鍵

ストレスや食生活、運動不足などの影響で腸内環境が悪化してしまうと、ビオチンと呼ばれる成分が不足してしまいます。

ビオチンとは血行を促進することで毛髪を元気にする働きや、亜鉛と共に抜け毛を減らす働きを持った成分です。

ビオチンは善玉菌による生成や食品からも摂取できるため、不足することは無いと考えられていましたが、最近の研究によって、現代人の生活習慣などの問題から不足してしまう可能性が高いことが分かったのです。

また、腸内環境が悪化すると、栄養素の吸収効率が悪くなったり、体内に毒素が蓄積したりすることで、抜け毛や薄毛を進行させてしまうといわれています。

そんな腸内環境を改善するのもヨーグルトなど発酵食品の効果です。例えば、ヨーグルトには善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれており、摂取することで善玉菌が有利な状態を作り出すことができます。

腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスで決まり、悪玉菌が有利な状態だと腸内環境が悪くなってしまいます。

【一緒に読まれている記事】
便秘が育毛にとって大敵であるといわれる三つの理由
体調不良の原因は数あれど、便秘ほど不快な症状はありません。おなかが張って苦しく、食欲不振や肌の吹き出物の原因になりますし、実は育毛にもいい影響を与えないとい...

乳酸菌H61株が抜け毛を防ぐ

さまざまな種類のある乳酸菌の中でも、乳酸菌H61株と呼ばれる成分に抜け毛防止効果があるということが分かっています。

マウスを使った実験によれば、乳酸菌H61株の投与によって抜け毛が見られなくなったそうです。現在も人間への効果の実験が進められています。

マウスの老化を抑制する作用を有するプロバイオティック乳酸菌H61株 参照:農研機構

そんな乳酸菌H61株は一部のヨーグルトや飲むヨーグルトに配合されています。

発酵食品の持つ健康効果

体重計

発酵食品には育毛以外にもいくつかの健康効果があります。育毛目的で摂取する際、これらの効果も受けることができるかもしれません。

美肌効果

発酵食品には多くの美肌効果があるといわれています。まず、有名なのが抗酸化作用によるアンチエイジング効果であり、体内の活性酸素を取り除いて老化を予防してくれます。また、メラニン色素の働きを抑えることでシミやくすみを撃退し、保湿効果により肌の乾燥を防いでくれるのです。

ダイエット効果

先ほども述べましたが、発酵食品には腸内環境を改善する効果があります。腸内環境の改善によって体内に蓄積した便が排出されると、身体の代謝機能が向上することからダイエット効果も期待できるでしょう。また、発酵食品には脂肪燃焼を高める効果もあるとされています。

発酵食品を摂取する際の注意点

納豆を食べる女性

上記で紹介したようにヨーグルトなどの発酵食品には育毛やダイエットなどの効果があります。ただ、摂取する際にはいくつかの注意するべきことがあります。

発酵食品は毎日食べる

腸内環境の改善やIGF-1の増加効果を期待するなら、発酵食品を毎日食べるようにしましょう。週に一度など摂取する頻度が低いと発酵食品による効果を存分に受けられず、効果を実感しにくいです。発酵食品はヨーグルトだけでなく、みそや納豆、チーズなどさまざまな種類が存在しますので、うまく食卓にとりいれてみてください。

ヨーグルトは無糖か低糖を選ぶ

ヨーグルトには多くの商品があり、中には糖分がたっぷり含まれるものも存在します。しかし、糖分を大量に摂取してしまうと、肝臓に負担がかかることから抜け毛の増加を招く恐れがあります。そのため、できることならヨーグルトは無糖にしておきましょう。どうしても甘みが欲しいなら低糖にしてみてください。

ヨーグルトの摂取タイミングは食後

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃液に弱いです。食事の前は胃液が多く分泌されるため、食前の摂取だと乳酸菌を死滅させてしまうことがあります。ですので、ヨーグルトは食後に食べるようにしましょう。

【一緒に読まれている記事】
今日からできる食事対策!薄毛に効果的な八つの食べ物
私たちの髪の毛は毎日の食事から作られています。慌ただしい現代では、毎日の食事バランスを考えるのも大変ですが、薄毛になりやすい原因のひとつとして、食生活の乱れ...

おわりに

発酵食品には腸内環境を改善するだけでなく、IGF-1を刺激するなどの効果もあるため、大きな育毛効果が期待できます。ヨーグルトならコンビニでも気軽に購入できるので、昼食や夕食の後に食べる習慣をつけてみてはどうでしょうか。