女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 低体温と薄毛の関係性~平熱35度台の人は薄毛になりやすい?~

低体温と薄毛の関係性~平熱35度台の人は薄毛になりやすい?~

平熱35度台の人は薄毛になりやすい?低体温と薄毛の関係性について

本来、私たちの体温は平均36.5度と言われています。

それは、身体の免疫力や代謝、酵素が最も活発に働くベストな数値で、健康を保つ上でも体温はとても重要です。しかし、最近では体温が35度台という低体温の方が多くみられるようになりました。

低体温は、さまざまな免疫細胞と関連しているため、酵素の働きが低下し、代謝機能の低下だけでなく、排せつ機能や自律神経失調症の発症など、身体の機能が保(たも)てない状態になりやすいと言われています。

これだけでも低体温は身体に大きな影響を与えるといえますが、なぜ薄毛にも関係しているのでしょうか。今回は、低体温と薄毛の関係性についてご紹介します。

低体温と薄毛の関係性

低体温の女性

通常の平均体温では、血流や新陳代謝が正常に働いていることから、ヘアサイクルは正常に循環することができます。しかし、低体温によって、さまざまな身体機能が低下することにより、ヘアサイクルが乱れ、薄毛や抜け毛の一因になると考えられています。

低体温になると、免疫力が低下します。そして、血行不良や新陳代謝の機能も低下することによって、新しい細胞を作ったり、老廃物を排出したりする機能も低下してしまいます。

また、身体は生命維持に必要な器官を中心に血液によって栄養を運ぶようになるため、それ以外の器官へ栄養が届きにくくなります。

身体の末端部分にある頭皮や髪は、もともと血流が届きにくい場所にあることから、栄養が後回しにされることによって、薄毛になりやすくなるといえます。

【一緒に読まれている記事】
女性の冷え性と薄毛の関係性女性の冷え性と薄毛の関係性・対策方法まとめ
女性の冷え性は、慢性的なものがほとんど。一度冷え性になると、なかなか解消することが難しいといわれています。その症状は、主に日常的に手足や指先が冷たいというこ...

低体温の原因とは

運動不足の女性

低体温の主な原因は、生活習慣の乱れにあります。特に大きい原因としては、主に食生活の乱れや運動不足などが挙げられます。

食生活の乱れ

食生活が乱れる主な原因は、偏った食事や冷えた食べ物を多く摂取することです。冷たい食べものや飲み物だけでなく、南国にあるようなフルーツやデザートなど、身体を冷やす食べ物の摂取も原因の一つと考えられます。

暑い季節に食べるのはいいのですが、日常的に食べ続けてしまうと内臓が冷え、低体温の原因となってしまいます。

運動不足

人間は、運動したときに筋肉を動かすことで熱を発します。走ったり、重いものを持ったりすると、汗をかき、身体が熱くなったように感じます。それは、筋肉運動によって発した熱が体温を上昇させているからです。

運動不足によって、筋肉が使われなくなると体温が上がりにくくなるだけでなく、血管収縮にもつながってしまうため、低体温になってしまうといわれています。

【一緒に読まれている記事】
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

低体温の対策方法

ウオーキング

低体温の改善方法は、外から身体を温めていく方法と、体内から身体を温めていく方法をご紹介します。まずは簡単にできるところからはじめていきましょう。

食生活の改善

人間は食べ物によってエネルギーや熱を作り出して体温を保っています。主に血流や代謝をよくする食べ物を取りましょう。

主に冬に旬の野菜が身体を温める働きを持ちます。かぼちゃやじゃがいも、にんじん、ねぎ、たまねぎ、しょうが、にら、にんにく、赤とうがらし、こんにゃくなど、鍋で使われるものに身体をあたためる食材が多いです。

そして、冷たいものや身体を冷やす食べ物は、なるべく食べないようにしましょう。外食続きの方は、なるべく野菜が使われた料理や温かい料理を摂取することによって改善が期待できます。

白湯(さゆ)を飲む

朝と寝る前に白湯(さゆ)を飲むことで体温を温めることができます。特に朝は1日の中で最も体温が低下するため、飲むようにしましょう。また、白湯(さゆ)を1日の中でよく飲むようにすると身体も温まり、血流や新陳代謝も良くなります。

お風呂にゆっくりつかる

1日1回はお風呂にゆっくり入って体温をあげましょう。湯船に10分以上つかると大体体温が一度上がるといわれています。これを毎日続けることによって、低体温が少しずつ解消され、血流や新陳代謝の機能が高まります。

適度な運動(1日30分歩く)

実は、1日動かないでいるとおよそ0.5%もの筋肉が失われると言われています。しかも、加齢による筋肉の減少率は年間で約1%と言われていますが、2日動かないでいると1年分の筋肉を失ってしまう計算となります。

そういったことから、適度な運動を毎日続けることがとても重要です。人間の筋肉の7割は下半身にあるため、歩くことが効率よく筋肉を鍛え、血流をよくすることにつながります。

効果的なウオーキングは、1日30分歩くことです。ポイントは毎日欠かさず歩くこと。バスや電車の1駅分、などはなるべく歩くことを心掛けましょう。

もしも30分間歩けない場合は、15分を2回に分けるということに置き換えると歩きやすくなりますよね。無理なく毎日続けることによって、低体温を改善することができます。

おわりに

低体温は冷え性と同じではないのか?と思う方もいらっしゃると思います。

この2つの違いは、冷え性は身体の末端部分の冷えで、低体温は身体の深部の冷えになります。低体温から冷え性につながるともいえるため、身体の深部からしっかり温めていくことが大切です。

低体温の解消は、なかなか簡単なものではありません。しかし、薄毛対策や育毛につなげて行く上でも重要なので根気よく対策をしていきましょう。

また、育毛効果をさらに高めたい方は、有効成分が多く含まれている育毛剤を使いながら体質改善に取り組むと良いでしょう。