女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 頭皮がかたい原因と簡単にできる四つの改善方法

頭皮がかたい原因と簡単にできる四つの改善方法

頭皮がかたい原因と簡単にできる4つの改善方法

実は、薄毛や頭痛、目の疲れ、肩こりが気になる方には共通している点があります。それは、頭皮の硬さです。

自分の頭皮が硬いかどうかのチェックする方法は、両手でボールをもつような感じで、頭部全体を持ちましょう。指の腹で軽く、前後左右に動かしてみましょう。

頭皮が動くようならまだ深刻ではありませんが、動かないようであれば、頭皮が硬くなっている証拠です。

どうして頭皮は硬くなってしまうのでしょうか。

頭皮が固くなる原因について

血液の流れのイメージ

頭皮が固くなってしまう原因については、生活習慣によるものが多く挙げられます。

血行不良

デスクワークによって長時間同じ姿勢でいることやパソコン、テレビ画面を長時間見続けることで、肩や首の血行が悪くなり頭皮の血流も悪くなります。

それに加え、身体の冷えも原因のひとつに挙げられます。特に女性は冷え性の方が多く、身体が冷えると血液やリンパ液の循環が悪くなり、頭皮の血行も悪くなります。

頭皮の毛穴や皮脂の詰まり

頭皮が硬くなる原因に、頭皮の毛穴や皮脂の詰まりによって、頭皮環境が悪化してしまうことがあげられます。主な要因は頭皮が紫外線を浴びることによる皮脂の酸化です。それによって毛穴が詰まってしまい、髪の成長を妨げてしまいます。

その他にもシャンプー剤やトリートメント剤が頭皮に残ってしまうことが原因で毛穴が詰まってしまうことや、反対に洗いすぎてしまうことで、皮脂が過剰に分泌されることからも頭皮環境が悪化します。

生活習慣の乱れ

実は、運動不足や食生活の乱れ、睡眠不足などの生活習慣の乱れも原因としてあげられます。不規則な生活は、疲れがとれにくくなり、新陳代謝がスムーズにいかなくなります。また、腸内環境が悪くなることで、栄養吸収がうまくいかなくなることから頭皮への栄養が届きにくくなります。

【一緒に読まれている記事】
女性の冷え性と薄毛の関係性女性の冷え性と薄毛の関係性・対策方法まとめ
女性の冷え性は、慢性的なものがほとんど。一度冷え性になると、なかなか解消することが難しいといわれています。その症状は、主に日常的に手足や指先が冷たいというこ...

頭皮の緊張をほぐす4つの方法

ナイトケアをする女性のイメージ

頭皮をやわらかくする方法として、日頃から簡単に行えるものをご紹介します。多忙な方はひとつでもできるものがあればそれで良しとすることが大切です。そこから良い習慣をつけていきましょう!

1.じっくり入浴する

朝お風呂に入ることは眠気覚ましになりますがシャンプーをしてしまうと紫外線のダメージを直接受けることにつながります。

おすすめは夜にじっくり入浴することで、頭皮の汚れがとれやすく、疲労回復にもつながります。また、入浴中や入浴後に、以下の頭皮や首、肩のマッサージを行うとさらに頭皮がやわらかくなります。

2.頭皮・首・肩のマッサージ

頭皮と首と肩のマッサージを定期的に行うことで、緊張やコリをほぐし血液が流れやすくなります。また、入浴中やシャンプー時、入浴した後に行うと血行が良くなっているので効果的です。

マッサージの際はきれいな手で頭皮マッサージを行いましょう。頭皮マッサージを行う際に、ヘアケア用のオイルや育毛剤を使うと効果的です。

簡単に行いたい方は、頭皮だけの1~3を行うだけでも頭皮の緊張をほぐしやすくなります。

  1. 前髪の生え際から頭頂部にかけて、指の腹でもみこむように頭皮をほぐしていきます。それが終わったら後頭部から頭頂部にかけても行っていきましょう。
  2. 次に両方の耳の周辺を指の腹でぐるぐる円を描くように数回マッサージします。
  3. その次に、こめかみのくぼみにツボがあるので、息を吐きながら指の腹で痛くならない程度の力で3秒押します。ゆっくり力を抜きながら息を吸いましょう。これを数回行います。
  4. 首の後ろ、骨周辺の凝っているところを指の腹で押しながら、徐々に上がっていき首の付根にくぼみがあるので、息をはきながらゆっくり押しましょう。
  5. 最後に左右の肩を、深呼吸しながら首から肩にかけて流すようにさすり、肩を回して、終わりです。

3.髪をひっぱるヘアスタイルをやめる

頭皮に負担をかけてしまうヘアスタイルを少なくすることで頭皮の硬さの緩和につながります。長時間に及んで髪を縛るヘアスタイルや、髪を引っ張ったヘアスタイルをしていると負担がかかり、血行不良を起こしてしまいます。

仕事の規則などで縛るヘアスタイルを避けられない場合は、休日は髪をおろしてリラックスする時間を作ったり、入浴をじっくりしたりすることで頭皮の緊張をほぐすことができます。

4.就寝時間に気をつける

髪の毛には成長を促したり、頭皮のダメージを修復したりする時間帯があります。それは夜22時~2時の間です。その時間帯以外に就寝したり、じっくり眠れなかったりすると頭皮の疲れがとれないことがあります。

しっかり睡眠時間を確保し、入浴をしてリラックスした状態で熟睡することが血行を促すことにつながります。

【一緒に読まれている記事】
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

頭皮トラブルや薄毛を改善したい方へ

育毛剤の液体イメージ

頭皮マッサージの際に、育毛剤を使って頭皮に栄養を与えることによって頭皮トラブルを改善することに期待できます。なぜかというと、女性用の育毛剤は女性の頭皮の悩みに特化して開発されたものが多いからです。

ヘアサイクルの関係で、薄毛が改善したと実感できるようになるのは3カ月~半年以上になります。時間はかかりますが、良い習慣をつけてしまえばいつの間にか薄毛が改善していたということにつながりますよ。

   

おわりに

柔らかな頭皮は血液の循環がよく、栄養が行き届いている健康的な頭皮といえます。また、柔らかい頭皮の人は顔の肌もやわらかくハリや弾力もあります。

しかし、硬い頭皮でも日頃からケアしていくと見る見る改善していきます。薄毛対策という意味だけではなく、目の疲れや肩のコリの緩和、頭皮やお肌の健康を保つことにつながるので、ぜひ頭皮をほぐしていきましょう。