女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > ヘアカラー(白髪染め)と薄毛の関係性を理解しヘアケア方法も学びましょう

ヘアカラー(白髪染め)と薄毛の関係性を理解しヘアケア方法も学びましょう

知っておきたい!ヘアカラー(白髪染め)と薄毛の関係性

市販のヘアカラー剤は、簡単に髪を染めることができますが、どのような仕組みで髪の毛が染まっているのかご存じでしょうか。

実は近年、ヘアカラーによる皮膚障害の事故が増えています。そして、ヘアカラーが薄毛の要因となってしまうことが実際にあります。そのような事故に巻き込まれないためにも、対策方法についてはきちんと知っておきましょう。

今回は、ヘアカラー(白髪染め)と薄毛の関係性についてお話したいと思います。

ヘアカラー(白髪染め)と薄毛の関係性について

ヘアカラー

髪の毛は、表面に出ている「毛幹(=髪の毛)」と呼ばれる部分と、頭皮の表面下にある「毛根」とでできています。そして、この毛根の中に「毛母細胞」があります。この毛母細胞に血流によって栄養や酸素が運ばれてくることで、毛幹(=髪の毛)が成長し、毛が伸びていきます。

一般的な白髪染めなどのヘアカラー剤は、薬剤の化学反応によって、髪の毛の表面であるキューティクルを開かせ、髪の内部に染料を浸透させて染めていくという仕組みでできています。

市販のヘアカラー剤は、1剤と2剤に分かれ、主な成分に酸化染料やアルカリ剤、界面活性剤、過酸化水素水を用いられています。それらの成分が合わさることによって、髪のキューティクルを開かせます。

その際に、ヘアカラー剤が頭皮などの皮膚に付着してしまうと、薬剤の化学反応で皮膚の炎症を引き起こしてしまうことがあります。こういったことから、ヘアカラーは髪の毛や頭皮にダメージを与えることが要因となって、抜け毛や薄毛につながってしまうことが考えられます。

ヘアカラーによる皮膚障害の危険性も

ヘアカラー剤による皮膚障害については、平成27年10月23日に消費者安全調査委員会による「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書が発表されています。それは、ヘアカラーを繰り返すうちにアレルギー症状が重くなる場合があるというものです。

自宅で毛染めを行う際には、ヘアカラー剤を髪に塗布する際にムラができてしまい、頭皮に薬剤が付着してしまうことがあります。また、毛染めを繰り返し行うことも、髪の毛や頭皮に負担が重なり、頭皮の乾燥やフケ、炎症の原因につながってしまう可能性があります。

参考:毛染めによるアレルギーに御注意! | 消費者庁

一緒に読まれている記事
パーマをかけた女性パーマと薄毛の関係性を徹底解説!アフターケアを忘れずに行いましょう
最近では、カラーリングやパーマをかけることで女性らしくやわらかな印象のヘアスタイルが好まれています。でも、このパーマが薄毛を引き起こすとしたら、あなたは今ま...

ヘアカラーをする前にパッチテストをしましょう

皮膚炎

髪の毛を染めるときは、すぐに染めたい!と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、毛染めを繰り返すことで、今まで異常がなかった方であっても、体質が変化しかぶれてしまうことがあります。そのため、あらかじめパッチテストをすることをおすすめします。

パッチテストとは、皮膚アレルギー試験とも呼ばれ、ヘアカラー剤を使用することで皮膚がかぶれる体質かどうかを調べるテストです。

自宅ヘアカラーを行うときのパッチテスト

自宅でヘアカラーを行う際には、ヘアカラー剤の1剤と2剤を指定された割合で小皿に少し出します。小皿に出したヘアカラー剤を綿棒で混ぜ合わせ、テスト液を作ります。以下はその後の手順です。

  1. テスト液を綿棒に取って、腕の内側へ10円玉ぐらいの大きさでうすく塗って乾燥させます。この際に、テスト液が衣類につかないように注意しましょう。
  2. 30分以上たっても乾燥しない場合はつけすぎなので、ティッシュでこすらないように軽く拭き取りましょう。
  3. そのまま触れずに48時間放置します。チェックするタイミングは、テスト液を塗布した30分後と48時間後の2回行ってください。

万が一、テスト液を塗布した部分に発疹や発赤、かゆみ、水疱(すいほう)、刺激などのなんらかの皮膚の異常を感じた場合はすぐに洗い落として、ヘアカラーを中止してください。

48時間後、皮膚に異常がない場合はヘアカラーを行っても問題はありません。

美容室でヘアカラーをするときのパッチテスト

美容室では当日にパッチテストを行うことはありません。そのため、ヘアカラーをするのが心配な方は、美容室で予約の際にパッチテストを行いたい旨を伝えましょう。

事前に美容室に相談をすることで、実際にパッチテストを行ったり、自分にあったヘアカラーの方法や染料を選んでくれたり、不安を解消してヘアカラーを行うことができます。

しかし、美容室によってはパッチテストができない場合もありますので、今の自分にあった対処を選びましょう。

よく読まれている記事
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

ヘアカラー(白髪染め)を続ける場合の対策方法

中年女性のヘアケア

本気で薄毛対策や育毛をしたい方は、ヘアカラーをしないという選択が好ましいでしょう。しかし、女性にとっては見た目の美しさを保つことは重要なことです。

今回は、ヘアカラーはしたい!でも薄毛対策もしたい!という方のための対策方法をご紹介したいと思います。

ヘアカラーは2カ月に一度のカラーがベスト

ヘアカラーの頻度は2カ月に1回程度が理想だと言われています。ヘアカラーの頻度を極力下げることによって、髪の毛や頭皮のダメージを掛けないようにすることがポイントです。そして、髪の毛が伸びる日数と髪の毛の色をきれいに維持するためにも、このくらいの頻度が良いと言われています。

また、自宅で毛染めを行う場合には、どうしても薬剤の塗布にムラができてしまい、頭皮のダメージも考えられることから、もう少し長めに日をあけるほうが好ましいでしょう。

プロの手で染めてもらう

自宅でのヘアカラーは、低コストで手軽に行えるので利用する方も多いと思います。しかし、プロの手で染めてもらうメリットというのは、その髪の状態を見て柔軟に判断ができるということです。 部分的に染料を調整するなど、安全にしかも色のムラがなくきれいに染めることができます。

それだけでなく、ヘアカラーをした後にヘアケアもセットで行えるため、自宅で毛染めをするよりも髪の毛や頭皮にダメージが掛かりにくくなる点でもおすすめです。

最近は、毛染めによるダメージ軽減を考えたヘアカラーのメニューを扱う美容院もありますので、それを利用してみるのもおすすめです。

ヘアカラー後にも使える育毛剤で頭皮ケア

ヘアカラー後は頭皮ケアを行うことが重要です。トリートメントでヘアケアをする方は多いのですが、薄毛対策には頭皮ケアが必要です。

女性用の育毛剤は、女性の頭皮トラブルや悩みに沿って作られたものが多く、頭皮に栄養を与えるだけでなく、保湿効果もあります。

そのため、トリートメントよりも育毛剤で頭皮ケアをしていくことが、頭皮環境を改善し、育毛や薄毛対策につなげることができます。

   

おわりに

いかがでしたか。ヘアカラーは、人に若々しい印象を与えることができるので、確かにメリットがあります。しかし、薄毛対策のためにもなるべく頭皮へ負担を与えない方法を選びましょう。