女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > シャンプーやサプリメントも!?さまざまな育毛剤の種類

シャンプーやサプリメントも!?さまざまな育毛剤の種類

シャンプーやサプリメントも!?さまざまな育毛剤の種類について

育毛剤といえば頭皮につけるタイプをイメージする方が多いと思います。育毛剤には塗るタイプだけでなく、飲むタイプなどさまざまな種類があります。また女性の頭皮を考えたタイプの育毛剤もありますので、それぞれご紹介していきたいと思います。

育毛剤

鏡を見る女性

塗るタイプの育毛剤は、頭皮に直接塗布するタイプのものになります。取りあえず塗っていれば大丈夫なわけではなく、自分の薄毛の原因にあった育毛剤を選びましょう。

女性ホルモン配合の育毛剤

女性の薄毛の多くは更年期やストレスなど、ホルモンバランスの乱れが原因で男性型脱毛症のような症状が起こりやすくなります。女性ホルモン投与などは副作用などが起こる可能性がありますので、医師の処方に従って使用しましょう。また女性ホルモンによく似た働きをしてくれる「イソフラボン」などの成分が配合された育毛剤は、一般的に効き目が穏やかなのが特徴です。

血行を促進する育毛剤

血行促進の育毛剤では厚生労働省で効果が認められた成分で「ミノキシジル」を配合したものが一般的です。血管拡張作用があり、もともとは高血圧の薬として使われていました。血流がよくなることで、血液を通じて髪の成長に必要な栄養成分を毛根に届けることができることがわかったため、現在では発毛剤として使われています。

今までは男性の脱毛症である「男性型脱毛症(AGA)」の治療薬として「ミノキシジル」が使われてきました。現在では女性の薄毛の原因が男性ホルモンが影響する「女性男性型脱毛症(FAGA)」の場合では女性が使っても効果が期待できます。また女性が高濃度のミノキシジルを使うと体毛が濃くなるなどの副作用があるため、必ず「女性用」を使用してください。不安な場合は医療機関へ相談されることをおすすめします。

毛根への栄養補給をする育毛剤

毛髪を育てるのに重要な「毛母細胞」に栄養が行き渡らないと、抜け毛が多くなったり毛が痩せたりする原因になります。育毛剤に配合される栄養成分(アミノ酸・糖類・脂肪酸・植物エキスなど)を塗布することにより、頭皮環境をよくし、育毛効果が期待できます。

他にも抗菌・抗炎作用により雑菌などの繁殖を抑えるもの、また保湿効果により乾燥などの頭皮環境を整えることで育毛効果を促進させる育毛剤もあります。

【一緒に読まれている記事】
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

サプリメント

薬を飲む女性

飲むタイプの育毛剤は、体の内側から頭皮環境を整える働きがあります。医療機関から処方される「内服薬」と、市販の「育毛サプリメント」があります。

内服薬

「内服薬」は厚生労働省の認可を受けた「フィナステリド(プロペシア)」などが有名ですが、主に男性ホルモンの影響を受けた「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬として医療機関で処方されるものなので、女性にはリスクが伴い、服用はできません。

最近では「パントガール」と呼ばれる女性特有の「びまん性脱毛」を改善する内服薬ができました。取り扱いのある病院が限られる可能性がありますので、処方してくれるか確認してみましょう。また、妊娠中の方は必ず医師に相談しましょう。

育毛サプリメント

「育毛サプリメント」は、コンビニやドラッグストアなどで気軽に買うことができます。「育毛サプリメント」には、女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」や、細胞分裂を活性化し発毛・育毛を促進させる「亜鉛」、血行促進に効果のある「カプサイシン」、健康な髪を維持にする「ヨウ素」、育毛効果が期待できる「必須アミノ酸」や「ビタミン各種」・「ミネラル成分」などの栄養成分が含まれ、健康的な頭髪を内側から育むことを目的としています。基本はバランスの取れた食生活をもとに、栄養補助食品としてサプリメントを利用しましょう。

【一緒に読まれている記事】
シャンプーやサプリメントも!?さまざまな育毛剤の種類についてシャンプーやサプリメントも!?さまざまな育毛剤の種類
育毛剤といえば頭皮につけるタイプをイメージする方が多いと思います。育毛剤には塗るタイプだけでなく、飲むタイプなどさまざまな種類があります。また女性の頭皮を考...

シャンプー

シャンプーする女性

通常のシャンプーは化学物質などによる髪のツヤ・うるおいを与えるものが多く、また洗浄力が強いシャンプーが多いです。洗いすぎによって皮脂を取りすぎてしまうと皮脂を補うため、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。これは、フケ・かゆみなどの原因となり悪化につながってしまいます。頭皮環境の改善のためには、頭皮環境のことを考えたシャンプーを考えてみるのもひとつでしょう。

育毛シャンプー

「育毛シャンプー」は薄毛の原因になる洗浄力を抑え、髪の栄養成分を配合したものが多くあります。頭皮に優しい成分である「アミノ酸」を配合したシャンプー、「自然由来成分」をつかったシャンプーなどがあり、頭皮環境を整えるのに良いでしょう。また同じ種類の「トリートメント」を使うのも効果的です。

シャンプーのしかたにも注意が必要です。汗など本来取りたい汚れも洗い方によっては取りきれていない場合もあります。こちらはネットで調べたり、美容師さんに聞いてみたりして、正しい洗い方を研究されることもおすすめです。また頭皮マッサージなども血行促進につながりますので、ぜひ試してみてください。

おわりに

「育毛剤」はあくまで「薄毛の状態を防ぐまたは予防する」という商品です。量を多く使ったからといって効果が高まるわけではありません。女性特有の薄毛の多くにはホルモンバランスの乱れによる原因があるとされています。また食生活、喫煙、生活習慣、染髪などの髪への負担などあらゆる面での原因も考えられます。

薄毛の原因を特定し、原因の改善、それをサポートしてくれる育毛剤を選ぶことが健康的な毛髪を作る上では大切なことでしょう。