女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 女性の冷え性と薄毛の関係性・対策方法まとめ

女性の冷え性と薄毛の関係性・対策方法まとめ

女性の冷え性と薄毛の関係性

女性の冷え性は、慢性的なものがほとんど。一度冷え性になると、なかなか解消することが難しいといわれています。

その症状は、主に日常的に手足や指先が冷たいということが挙げられます。また、冷えによって睡眠障害やおなかの調子が悪くなったり、体温調節ができなくなったりなど、二次的な弊害もあります。

冷え性は、さまざまな身体の器官にトラブルを引き起こす原因として知られており、冷え性による抜け毛もそのひとつです。

冷え性と薄毛の関係性

冷え性の種類

冷え性によって、血液の流れが悪くなると、身体の末端にある頭皮部分にまで十分な血液が届きにくくなります。そのため、毛髪の成長が妨げられることになります。

毛髪の成長が長期的に妨げられると、髪の毛の成長が止まり、抜け毛につながってしまうことから、冷え性と薄毛には関係性があるといえます。

抜け毛の悩みがある方は、冷え性になっていないか確認してみてください。

冷え性のタイプ

それに加えて、冷え性には4つのタイプがあります。タイプを知ることで、自分がどのような冷え性なのかがわかります。

【四肢末端タイプ】…主に手足などの末端が冷えるタイプです。10~30代の女性がなりやすく熱をうまく作って運べない状態になります。

【下半身タイプ】…主に足先から腰辺りまでの下半身が冷えるタイプです。更年期の女性や中高年男性がなりやすく、下半身に熱が運べない状態になります。

【内臓タイプ】…身体のなかが冷えているタイプです。風に当たると極端な寒気を感じることがであります。年齢を問わず感じる冷えで、汗をかきやすく熱が逃げてしまいます。

【全身タイプ】…うなじから背中、腰、おなかを中心に冷えているタイプです。冷え性のなかでも1番厄介で、上記の3タイプが組み合わさっており、慢性化している状態です。

一緒に読まれている記事
更年期と薄毛の関係性更年期と薄毛の関係性・症状・対策方法まとめ
40代に入ると髪のボリュームが薄くなったと感じる方が増えています。また、時を同じくして更年期の症状が起こる方もいらっしゃいます。女性の更年期とは閉経を迎える前...

冷え性の原因

冷たい水

冷え性の原因には、生活習慣によって引き起こされているものがあります。ここでは冷え性になりやすい原因をご紹介したいと思います。これらは、そもそもの薄毛の原因とよく似ているものがほとんどです。

運動不足

運動をすることによって、筋肉が使われ、筋肉内の血管が拡張と収縮を繰り返すため、血行が促されます。その一方で、運動不足によって筋肉が使われなくなると、血管が細くなり、血行不良を招き、冷えにつながってしまいます。

無理なダイエット

無理なダイエットは、身体や頭皮に必要な栄養を届けられなくなります。必要な栄養が吸収できなくなると、摂取した栄養は生命維持に関わる重要な内臓器官へ集中して届けられます。

そのため、血液によって末端まで栄養を届けることができなくなり、手足の冷えや頭皮の血行不良を招くことがあります。

冷たい飲み物をよく飲む

冷たい飲み物は、胃腸などの内臓を直接冷やしてしまうことになります。胃腸は栄養吸収に携わる器官なので、冷やすことによって栄養吸収がうまくいかなくなる恐れがあります。また、女性の場合は子宮などの内臓も冷えてしまい、ホルモンバランスの乱れにつながってしまうことがあります。

過度のストレス

過度にストレスをためてしまうことは、自律神経の交感神経をずっと働かせた状態にさせてしまいます。交感神経は、興奮や緊張をしているときに働く神経です。自律神経は、血管の拡張や収縮といった血液の流れに関係があります。過度のストレスによって、緊張状態が続くと血管が収縮した状態が続き、冷えを招いてしまうといえるでしょう。

お風呂はシャワーだけ

シャワーは、身体の表面しか温めることができず、湯冷めしやすくなります冷え性の方はシャワーで温まったと思っても湯冷めによって体温が奪われてしまうので、冷え性の改善にはなりません。寒い冬にはしっかりと湯船につかりましょう。

よく読まれている記事
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

冷え性と薄毛の対策方法

入浴中の女性

冷え性を改善することは、薄毛を改善することにもつながります。

冷え性は、生活習慣などによって引き起こされているので、とにかく身体を温める習慣を付けることで冷え性が少しずつ改善されていきますので、諦めず根気よく行っていきましょう。

適度な運動をする

運動不足の方は、普段から歩くように心掛けましょう。日常的に歩くことで筋肉がつき、血行促進につながります。

簡単な運動だと、20分以上のウオーキングや自転車でじんわりと汗をかくようになるぐらいの運動量を意識してください。運動の時間を作るのが大変な方は、通勤や外出先で1駅分ほど歩きましょう。エレベーターやエスカレーターを使わず歩くことも良い運動になります。

じっくり入浴する

シャワーだけでなく、じっくり入浴して身体を温めることが大切です。短時間の入浴は、湯冷めにもつながります。そのため、じっくり汗をかくぐらいまで入浴して身体を温めてください。

身体の奥まで温めると湯冷めしにくくなり、睡眠の質をあげることができます。また、汗をかくことで頭皮の毛穴の汚れや皮脂が浮き上がり、きれいにシャンプーをすることができます。

睡眠をしっかりとる

冷え性の改善には、睡眠の質を上げることが大切です。22時~2時の間に眠ることで成長ホルモンが分泌し、血流が循環します。そのため、身体の末端部分の頭や手足にまで血流が運ばれ、冷え性の改善や薄毛対策にもつながっていくのです。

バランスのとれた食事をとる

食事は、身体に必要な栄養を取り込む唯一の方法です。そのため、栄養バランスが偏ってしまうと、身体に不調が起こってしまいます。また、身体が冷えてしまう食べ物というのもあるので、食べ物選びも大切です。

冷え性の方は、身体を温める食べ物を中心に食べるように心掛けましょう。例えば、しょうがやねぎ、にんにく、根菜類(こんにゃく、にんじん、山芋…)、みそなどが身体をあたため、血流をさらさらにしてくれる食品です。冬に旬を迎える食べ物に身体を温めるものが多いので、参考にしてみましょう。

身体を冷やさない服装をする

冷え性の方は、身体が冷えやすいので温かい格好は鉄則です。夏は、冷房で冷えてしまうことがあるのでカーディガンや羽織るものを用意しておきましょう。

冬の場合も、身体を冷やさないため厚着が基本です。特に足元が冷えやすいので、靴下の重ね履きでも寒いときがあります。その場合はカイロなどで足先やおなか、背中を温めるようにすることが大切です。

頭皮マッサージをする

身体の冷えが収まらないときや、長時間スマートフォンやパソコンを見続けたり、ストレスを抱えていたりすると、冷えだけではなく、頭皮自体が緊張しやすくなり、血行不良になってしまいます。

適度に頭皮マッサージをしてほぐすことで血行を促すようにしてください。

入浴後の身体が温まった状態に行うとスムーズに血行が促されるため、おすすめです。その際に育毛剤など外部からも頭皮ケアをすると、より薄毛対策に効果的でしょう。

おわりに

冷え性と薄毛には、体内の血行が深く関係しています。どちらとも、血行が悪くなれば引き起こされる問題です。そのため、薄毛を改善するにも、冷え性を改善するにも血流をよくする習慣をつけることが冷え性対策や薄毛対策につながります。

どちらも時間がかかる問題ですが、継続することで少しずつ改善されていきます。