女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 睡眠と薄毛の関係性を知り睡眠と髪の毛の質を高めよう!

睡眠と薄毛の関係性を知り睡眠と髪の毛の質を高めよう!

睡眠と薄毛の関係性

日々のストレスや、考え事などをしたりして眠れなくなることはありませんか?実は薄毛が気になる方にとって、睡眠の質が悪いことは薄毛に対して大きなダメージを与える行為です。睡眠は髪の成長や生成を促す成長ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンバランスを整えてくれる重要な役割を持っています。今回は睡眠と薄毛の関係性についてご紹介していきたいと思います。

睡眠とは?

睡眠サイクル

まず睡眠とは、寝ている間に免疫細胞やホルモンが働き、お昼に受けたストレスや疲れを回復します。それだけではなく、頭皮・毛髪のダメージ箇所の修復、免疫力の向上、毛髪の成長を促す働きがあります。

睡眠は、日中紫外線により受けた頭皮に対するストレスやダメージを回復してくれます。寝ている間というのは成長ホルモンが分泌されますから、頭皮や毛髪を良好な状態にすることができるのです。また、髪を生成する働きをする女性ホルモンも睡眠中に活発になります。

睡眠不足になると身体機能(エネルギー)の低下が起こります。疲れが取れない、イライラする、肌荒れなど心身ともにストレスを感じやすくなります。毛髪の成長を促す「成長ホルモンの分泌」が低下するだけでなく、血行不良を招いたり、頭皮状態が悪化したりすることになるので注意が必要です。

「頭皮」は睡眠不足によってダメージを受けやすい箇所だった!

睡眠不足によって、身体へのエネルギー供給のバランスに乱れが出ます。毛髪は体内の臓器などに比べると重要度が低いため、どうしても優先順位が高い部位が先にケアされるようになります。エネルギーが主要臓器に集中し、結果的に髪へのエネルギー供給は減り、毛髪が健康な状態になりにくいのです。薄毛の対策にとって、良好な睡眠は必要不可欠といえるでしょう。

【一緒に読まれている記事】
失敗しない女性用育毛剤の選び方5ヶ条女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

睡眠の質と薄毛の関係性

抜け毛を気にする女性

睡眠のメカニズムとは、自律神経の1つである副交感神経を熟睡しやすい状態にすることによって、心身の疲労回復につなげることができます。睡眠はうわべのものではなく、深く眠ることで頭皮・毛髪のダメージの修復や成長ホルモンの分泌を促し、頭皮・毛髪の環境が良くなっていきます。

髪の毛が1番成長する時間帯は?

髪が1番成長する時間帯がいつなのかご存じですか?一般的には22時~2時の間が、最も多くの成長ホルモンが分泌され、体に良い効果をもたらす時間帯になります。また「人が最もリラックスでき、ストレスから開放される時間」ともいわれています。この時間帯に睡眠をとることで、深い眠りにつくことができます。

前述したように、成長ホルモンの分泌を多くすることで、ダメージ・ストレスの回復や血行の促進、エネルギー供給といった薄毛対策に欠かせない内的な頭皮ケアが期待できます。

また睡眠にはレム睡眠(浅い睡眠)と、ノンレム(深い睡眠)の2種類があり、この2つをバランスよく交互に繰り返すことができれば良い睡眠につながります。健康な毛髪が作られている時間は、ノンレム睡眠時です。このノンレム睡眠(深い睡眠)につきやすくなるには、寝る前の身体や環境づくりが大切になります。詳しくは下記の『「睡眠」と「髪」の質をあげる方法』にて説明しているので参考にしてみてください。

寝る前の食事・飲酒はタブー!

寝る前の「食事」、そして「飲酒」は寝ている身体に負担をかけてしまい、眠りが浅くなってしまいます。睡眠の質が悪いと頭皮や髪へエネルギーが供給されにくくなってしまい、薄毛につながってしまいます。

食べ物の消化には3~4時間ほど掛かると言われているため、寝る前に食事をするということは身体が眠っている状態の中で消化することになり、未消化物も体内に残る状態です。胃もたれが起こりやすく、「朝起きたら身体が重い」などの原因にもなります。結果的に眠りが浅い状態で、髪に必要なエネルギーが届かない状態になります。

寝る前の「飲酒」もぜひ控えるようにしてください。睡眠によって、アルコールの分解能力は半減しているので二日酔いになりやすく、結果身体を十分に休ませることができなくなってしまいます。

【一緒に読まれている記事】
肩こりを解消して薄毛を改善する3つの方法肩こりが薄毛の原因?肩こりを解消する三つの方法
肩こりは、女性の健康の悩み第一位といわれる問題です。平成25年、厚生労働省の国民生活基礎調査によると、「病気やけが等で自覚症状がある」と答えた人は人口1,000人あ...

「睡眠」と「髪の毛」の質を高める方法

気分が良い女性

睡眠がいかに髪にとって大事な要素であるか、おわかりいただけましたか?ここでは、寝る前にやっておきたい「髪」の質をあげる方法をご紹介したいと思います。

お風呂で頭皮・身体リフレッシュ!

より深い眠りにつくには体を温めることが重要です。人間の身体は一度体が温まると、体温が下がっていくとともに緩やかに眠りに落ちていくことができるようになっています。よって、お風呂に入るベストタイミングは、睡眠をとる1~2時間前と言えるでしょう。育毛を助ける「成長ホルモン」は夜に活性化するので、マッサージをするように頭を洗っておくと頭皮も清潔で良い環境になり、成長をサポートすることができます。お風呂に入ることはそれ自体にリラックス効果があり、頭皮の血行促進にもつながります。疲れた体をお風呂で癒やして、よりよい睡眠につなげましょう!

また朝のシャンプーは、頭皮の油分を洗い落とした直後に外に出掛けることになってしまうため、気を付けたいところです。紫外線などのダメージを受けやすくなってしまいますので、なるべく夜にお風呂に入ることをおすすめします。夜のシャンプーにもいえますが、洗いすぎは皮脂を取りすぎて頭皮環境を悪くしてしまいますので、くれぐれも洗い過ぎには注意しましょう。

また、朝のシャンプーにしろ夜のシャンプーにしろ、お風呂上がりは皮脂などが適度に落とされ、頭皮が清潔な状態になっています。このタイミングで育毛剤を使うと、通常時よりも効果がアップしますよ。  

 

寝る前の明るさ対策で頭皮リラックス!

寝る前についスマートフォンを見てしまう方も多いと思います。しかし、スマートフォンのブルーライトは寝る前の体にとって刺激になってしまい、なかなか寝付きにくい状態になってしまいます。また、目を使うため頭皮の血行も悪くなってしまいます。

寝る前にスマホを使用する場合は、リラックスして眠るためにも画面を暗くするなど、何らかの対策をしましょう。お部屋の明るさも刺激になってしまうので、寝る前は間接照明に切り替えるなど頭や身体をリラックスさせて深い睡眠をとることが大切です。

おわりに

睡眠と薄毛の関係は私たちが思っているよりも重要な役割があります。育毛剤だけに頼ってもうまくいかないときは私たちの身体にとって基礎となる部分がかけているときではないでしょうか?何よりも無理せず、質のいい睡眠や生活習慣を心掛けることで、気になる薄毛をサポートしていきましょう。