女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 自然療法 > 漢方は薄毛に効果的だった!?六つの人気漢方をご紹介

漢方は薄毛に効果的だった!?六つの人気漢方をご紹介

漢方は薄毛に効果的だった!?6つの人気漢方をご紹介

実は、薄毛に悩む方にとって漢方は効果的な治療です。慢性的な薄毛の方や、髪のトラブルを抱えている方も、漢方によって薄毛の体質改善が期待できます。

漢方は、中国の漢の時代に発展し、日本に渡って独自発展した伝統医学です。身体の症状を身体全体の不調ととらえ、バランスを整えるのが目的とされています。漢方専門の治療を行うところでは、その人の症状に合わせて調合します。

薄毛に効果的な漢方は一体どんなものなのか、詳しくご紹介します。

漢方とは?

漢方

西洋の薬と違い、植物や動物、鉱物などの中で薬効をもつ「生薬」を組み合わせて処方調合したものが「漢方薬」になります。漢方の中には速攻性のあるものもありますが、長期間にわたって処方することによって体質を改善していくのが一般的です。

漢方は、ドラッグストアや薬局、通販で簡単に手に入れることもできます。しかし、専門的な漢方になると漢方に詳しい薬局に行かないと手に入らない場合もあります。

漢方薬は、漢方薬同士で併用して使えるのですが、重複している生薬の摂取量が多くなると副作用を起こす可能性があります。漢方を併用したい場合は専門の漢方医に相談することで自分に合った漢方を調合してもらうこともできます。

漢方からみる薄毛の原因

虫めがねと女性

漢方の世界では、「気」「血」「水」という3つの要素で身体が構成されているという概念があります。3つのバランスが崩れることで身体の不調が出てきます。薄毛もその不調のひとつといえます。

漢方ではそうしたバランスの崩れを解消することで、からだを正常な状態に戻します。

薄毛の原因は、漢方のどのバランスを崩しているのでしょうか。

1.血液の不足

漢方の世界では、昔から「髪は血の余り」と言われているように、「髪は血液が余ったもので作られる」という考え方があります。

血行不良や血が足りないことが原因で、全身の血の巡りが悪く、髪の毛にまで血液で栄養が行き届かず、髪が細くて薄く作られてしまうことが薄毛の症状を招くと考えられます。

2.腎の低下

「腎」とは、西洋医学では「腎臓」のことを表しますが、漢方では、「腎」は腎臓のほかにも、生殖器やホルモン代謝、自律神経、免疫などに関わる器官を表します。

腎が弱くなることで、老化が進み、ホルモンバランスが崩れるため抜け毛や薄毛が引き起こされていると考えられます。

3.気の不足

「気」はエネルギーを表し、元気の「気」を表します。「気」の不足は、元気がなく、エネルギーが足りないことを意味します。ストレスなどによって、気の流れが滞ると自律神経などのバランスが崩れるため、薄毛や抜け毛が進行し、消化器官や免疫機能も弱くなります。

【一緒に読まれている記事】
女性の冷え性と薄毛の関係性・対策方法まとめ
女性の冷え性は、慢性的なものがほとんど。一度冷え性になると、なかなか解消することが難しいといわれています。その症状は、主に日常的に手足や指先が冷たいというこ...

薄毛に効果的な漢方6選!

小皿に乗せた漢方

先述の薄毛の原因からみて、どんな漢方が効果的なのかご紹介します。

1.当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

トウキシャクヤクサンは、血行をよくして身体を温める作用があります。また、ホルモンバランスを整える効果があります。

具体的には、冷え性や身体が疲れやすい方、貧血、生理不順などに幅広く適応する漢方です。こういった症状で薄毛が重なっている方は「血」のバランスが崩れていることで薄毛の症状が出ているといえます。

2.十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)

十全大補湯は、「完全に大いに補う」という意味で、胃腸の働きを高めて食べ物の栄養分を消化吸収できるようにし、「気」と「血」を増やす漢方です。

この漢方は、冷え性や貧血、疲労衰弱がひどいときや体力が弱っている方に用いられます。

「気」と「血」のバランスが崩れているため、髪の毛の血行不良や食べ物による栄養が不足していることが考えられます。

3.柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

柴胡加竜骨牡蛎湯は、神経の高ぶりを鎮めることで心と身体のバランスを整える漢方です。主に、高血圧や動脈硬化などの症状、神経症、不眠など精神面に関わる動悸(どうき)などに用いられます。

心身のバランスが整えられることで、頭皮の血行を促進したり、栄養が届きやすくしたりします。これにより睡眠の質が上がることで、髪の成長を促します。

4.桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)

桂枝加竜骨牡蛎湯は、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)と同様で「気」と「血」のバランスを整え、心を落ち着かせる作用があります。精神ストレスを抱えやすい方や心身が繊細な方に使われます。「気」と「血」が弱くなることで神経質といわれる状態になると考えられます。

神経質な状態を改善すると、頭皮の緊張が緩和し、血行促進されます。睡眠につきやすくなるため、頭皮へ栄養を促し、髪の成長を助けます。

5.八味地黄丸(ハチミジオウガン)

八味地黄丸は、「気」「血」「水」を増やし、身体を巡らせ、身体を温める生薬を組み合わせた漢方です。身体を温めて新陳代謝をアップすることで、体全体の機能低下を元に戻していく効果があります。

加齢によって体温が下がり、うるおい不足になり、身体が硬くなっていきやすくなります。もともと尿トラブルなどに使われる漢方ですが、「腎」を改善することで血液循環や新陳代謝を促すことで薄毛を改善します。

6.補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

補中益気湯は、身体の内側を補うことで気を動かすという意味があります。胃腸の働きを高め、食欲を出すことで気を増やし、全身に巡らせて頭皮の血流を改善します。

「気」が足りなくなると「血」も不足していきます。「血」は全身に栄養分を与えているので、不足すると疲労感や精神にも影響が出ます。また、髪が傷む原因も「血」の不足が考えられています。

【一緒に読まれている記事】
シナモン・ケイヒエキスの驚くべき四つの育毛効果!毛細血管を活性化する?!
実はシナモンは世界最古の香辛料と呼ばれるぐらい深い歴史があります。シナモンは、紀元前4,000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤に用いられる香辛料として使われ、旧...

漢方の飲み方

漢方を飲む女性

漢方の飲み方は、主に食前と食間の時間帯に水またはさゆと一緒に飲みます。食前や食間の空腹時に飲むことで、生薬の吸収をよく早く効かせます。また、一部の作用の激しい生薬を穏やかに効かせるという点でも空腹時に服用することが勧められています。

たとえ漢方を食前に飲み忘れてしまっても、食後に服用しても大丈夫です。飲み忘れるよりは、気がついたときに漢方を飲むようにしてください。

漢方の注意点

漢方の飲み方で注意したいのが、水やさゆ以外の飲み物で服用することです。他の飲み物の成分が生薬成分と反応してしまうことがあるので、必ず水かさゆで飲むようにしましょう。

おわりに

漢方の効果に即効性はないものの、血行促進やホルモンバランスを整えることで薄毛になりやすい体質の改善が期待できます。それと同時に食生活の改善や、育毛剤などのアプローチをしていくと、さらに効果的に薄毛対策することができるでしょう。