女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > コラム > 各種症状 > ストレス性脱毛症の原因と四つの対策方法を徹底解説!

ストレス性脱毛症の原因と四つの対策方法を徹底解説!

ストレスを抱える女性

ストレス性脱毛症は神経系脱毛症とも呼ばれる現代病のひとつです。性別や年齢は関係なく発症するといわれており、多くの人がストレス性脱毛症に悩まされています。そこで、ストレス性脱毛症の主な原因と対策方法を徹底解説していきましょう。

ストレス性脱毛症とは

ストレス性脱毛症は名前の通りストレスを原因に引き起こされる脱毛症のことです。まずはその症状や特徴を詳しく見ていきましょう。

ストレス性脱毛症の症状はさまざま

ストレス性脱毛症の症状は発生する箇所や範囲などが不明瞭です。後頭部に円形脱毛が発生するなど特定の症状はなく、頭皮全体、さまざまな箇所に症状が出てきます。また、進行の仕方やスピードも人それぞれです。そのため、この症状が出たらストレス性脱毛症という明確な条件はありません。

ストレス性脱毛症は発見しにくい

ストレス性脱毛症の進行や症状には個人差があるため、発見が遅くなるケースも多いです。これがストレス性脱毛症の厄介な部分であり、発見が遅れてしまうと治療開始も遅くなってしまうことから、完治までの期間が長くなります。また、場合によっては完治が難しくなる可能性もあります。

不規則な脱毛がないか確認

もし、不規則な脱毛症状が見られる時はストレス性脱毛症を疑うべきです。繰り返しになりますが、治療開始が遅くなるほど完治が難しくなります。ですので、少しでもおかしな症状が見えればストレス性脱毛症を疑い、早めにクリニックなどに相談しましょう。ちなみに、ストレス性脱毛症は一度収まってもストレスが原因で再発することもあります。

【一緒に読まれている記事】
毛根の状態から抜け毛の原因を推察!薄毛をまねく毛髪の種類って?
人間の髪の毛は毛幹と毛根という2種類の部位から構成されています。毛幹は自分で触れることのできる頭皮から外にある部分のことです。これに対して毛根とは頭皮の中に埋...

ストレス性脱毛症の原因

しかられる社員

ストレス性脱毛症の原因は名前の通り、ストレスです。職場や家庭での強いストレスが蓄積した結果、脱毛を引き起こします。特に現代人はストレスを抱え込みがちといわれているので注意が必要です。

ストレスによる血行不良

人間は強いストレスを受けると、血管が収縮してしまい血行が悪くなります。血液は頭皮へと栄養や酸素を運ぶ大切な役割をしているため、血行が悪くなると毛髪の成長が阻害される恐れがあるのです。その結果、抜け毛が増加し、薄毛が進行してしまいます。

ストレスで乱れる生活習慣

ストレスによる生活習慣の乱れも薄毛や抜け毛につながります。例えば、ストレスによって食事の量が増加したり、アルコールの摂取量が増えたりすると、頭皮に悪影響が出てくることもあります。特に脂質の多い肉類などを大量に摂取すると、頭皮の皮脂が増えるといわれているので気を付けてください。また、ストレスによる睡眠不足もよくありません。睡眠不足による疲労がストレスにつながり、そのストレスが原因で眠れない、という悪循環に陥ることも考えられます。

ストレスで栄養不足になる

ストレスによって体内の機能に不調が出ると、その分だけ栄養素の消費が激しくなります。そのため、本来は頭皮に行く予定であった栄養素が他の部分にまわってしまい、結果として頭皮の栄養不足を引き起こすことがあります。頭皮の栄養不足によって抜け毛が増加し薄毛が進行するのは既に話した通りです。

ストレス性脱毛症四つの対策方法

ストレス性脱毛症の原因がストレスにあると分かったところで今度は具体的な対策方法を見ていきましょう。ストレス性脱毛症は早めに対策をしないと手遅れになる可能性もあるので、できれば今日からでも対策することをおすすめします。

医師に相談する女性

1.趣味や運動でストレス解消

ストレス性脱毛症の対策にはストレスの解消が必要不可欠です。例えば、休日は趣味に没頭してみてはどうでしょうか。読書やゲーム、映画に音楽など、普段頭を悩ませる仕事や家庭のことを忘れて過ごす時間はストレスを緩和してくれます。また、適度な運動やカラオケなど体を使ったストレス解消方法もおすすめです。体への疲労感を与えることで入眠もスムーズになると思います。

2.十分な睡眠

寝不足による疲労は仕事のミスなどを誘発し、よりストレスを蓄積させます。そのため、睡眠時間は十分にとるようにしましょう。

ただ、起床時間が不規則だと十分な睡眠をとっていても疲れが抜けきらないことがあります。ですので、規則正しい生活のうえで睡眠時間を確保するようにしてください。

適切な睡眠時間は人によって違うので、睡眠時間記録アプリなどを活用して自分に合った睡眠時間を見つけるといいでしょう。睡眠による脳の疲労回復は自律神経の乱れを予防して血流の悪化を防ぐともいわれています。

3.十分な栄養の摂取

ストレス性脱毛症には十分な栄養の摂取も欠かせません。人間はストレスを受けると、それを抑制するための副腎皮質ホルモンを分泌します。

その際に必要になるのがビタミンCであり、ストレスを受けやすい人は多めに摂取が理想とされています。また、人間はストレスを受けるとタンパク質も消費するので、これも不足しないよう肉類や魚類をしっかり食べるようにしてください。タンパク質は人間の体を構成するほか、ビタミンCの働きをサポートする役割を持ちます。

4.医師へ相談

既にストレス性脱毛症の自覚症状があるなら医師に相談するのもひとつの手です。治療の開始が遅れてしまうと改善までの期間が長くなってしまうので、迷っている方はすぐにでも相談してみましょう。ストレスホルモンを抑制する育毛剤の使用など、適切な対策方法を指導してもらえるだけでなく、他人に話すということで、心の整理ができたり、ストレスが軽減されたりすることもあります。

【一緒に読まれている記事】
女性の抜け毛五つの原因と今日から始められる対策まとめ
薄毛や抜け毛は男女共通の悩みです。特に最近は、薄毛や抜け毛に悩む女性が増加しており、女性をターゲットにした専用の育毛剤が注目されるほどです。そこで今回は、女...

おわりに

ストレス性脱毛症は症状が分かりづらい脱毛症です。それでいて、原因がストレスだけに多くの人が発症の可能性を秘めています。ストレスは脱毛症に限らず多くの悪影響を体に及ぼすので、早め早めに解消方法を見つけるようにしましょう。