女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 【女性用育毛剤の有効成分】グリチルリチン酸2Kの育毛効果と副作用

【女性用育毛剤の有効成分】グリチルリチン酸2Kの育毛効果と副作用

甘草

グリチルリチン酸2Kという成分をご存じでしょうか。堅苦しい名前を持つ成分ですが、実は多くの育毛剤や女性にとって手放すことのできない化粧品類にも多く配合されている成分でもあります。

グリチルリチン酸2Kとは一体なんなのか、今回はグリチルリチン酸2Kの基礎知識から、気になる副作用についてまで詳しく解説していきます。

知っておきたい!グリチルリチン酸2Kの基礎知識

グリチルリチン酸2Kとは、グリチルリチン酸ジカリウムともよばれる白色粉末のことです。グリチルリチン酸とカリウムの塩がくっついてできています。

自然由来の成分で、甘草という植物から抽出されるため、独特の甘みがあるのが特徴です。

このグリチルリチン酸2Kですが、化粧品に配合されているのを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。グリチルリチン酸2Kは化粧品、特に敏感肌用やニキビ肌用のものに配合されていることが多い成分なのです。また、甘草由来ということもあり漢方にも使用されています。

どんな効果があるの?

グリチルリチン酸2Kは育毛剤や化粧品だけでなく、せっけんやシャンプーなど、肌に関連のあるものにも広く使用されています。

なぜそれほど幅広く使用されているのかというと、グリチルリチン酸2Kには肌環境を整える『抗炎症・抗アレルギー作用』があるためです。

ニキビ等ができるとき、肌は炎症を起こした状態になっています。それがひどくなれば顔に赤みがさしてしまったり、肌に凹凸ができてしまったり、傷になってずっと残ってしまったり、といったトラブルに発展しますよね。グリチルリチン酸2Kはそうしたトラブルの元となる炎症を抑えてくれる効果があるのです。

ちなみに化粧品だけでなく、ステロイドの代用品としての効果もあるので、医療薬として使用されることもあります。

どうして育毛剤に使用されるの?

グリチルリチン酸2Kはどのような目的で育毛剤に配合されているのでしょうか。

それは主に頭皮トラブルを解消するためです。頭皮も肌の一部ですから、炎症が起こることも当然あります。

そして、薄毛・脱毛の原因の一つとして、毛穴トラブルが挙げられます。毛穴にニキビのような炎症が起こると健康な髪が育ちにくくなったり、場合によっては髪が抜けてしまったりすることもあります。

グリチルリチン酸2Kはそうした炎症を抑えて、頭皮の環境を改善してくれる手助けをしてくれるのです。ですから、フケやかゆみ、頭皮のできものといった頭皮トラブルに悩まされている方、頭皮トラブルが起こりやすい方にとって、グリチルリチン酸2Kが配合された育毛剤は効果的といえるでしょう。

【一緒に読まれている記事】
頭皮が赤いことと薄毛との因果関係はある?原因と対処法を探る!
最近髪が抜けている気がすると思って鏡で頭を見てみると、なんだか頭皮が赤い。これはもしかしてまずい? と思ったことはありませんか? 頭皮が赤いのは場合にもより...

グリチルリチン酸2Kと育毛の関係

土壌作り

ここまで見てきたように、グリチルリチン酸2K自体に育毛効果はありません。グリチルリチン酸2Kはあくまで肌の炎症を抑えてくれるだけなのです。

ではなぜ、グリチルリチン酸2Kが多くの育毛剤に配合されているのかというと、それは頭皮という髪を育てる土壌環境を改善してくれる点にあります。炎症を抑えて、健康な頭皮を保つことは育毛の基礎となる重要なことです。なぜなら、健康な髪にとって健康な頭皮は欠かすことができないものだからです。

頭皮を健康に保つことこそが育毛への近道になる

頭皮の状態が悪くなると、髪に栄養が行き渡らなくなります。そうすると髪は必要な栄養素を受け取ることができず、ハリや弾力のない髪の毛が増えてしまいます。ハリ・弾力のない髪の毛が増えてくると、髪の本数自体は変わらなくとも、見た目には薄毛や脱毛が進行しているように見えてしまいます。

また不健康な状態が続くと、ヘアサイクルが乱れます。ヘアサイクルが乱れると、髪が生えない時期である『休止期』が長くなってしまったり、髪が抜けやすくなってしまったりといったトラブルにつながります。

炎症等のトラブルを抑え、正しい洗髪などで健康な頭皮を作ることが大切です。こうした地道な努力こそが、結果的には美しい髪を保つことへの近道になります。

【一緒に読まれている記事】
髪の毛のヘアサイクルってどうなってるの?
みなさんはヘアサイクル(毛周期)のことをご存じですか?適切な薄毛対策や育毛をしていく上で「ヘアサイクル」の知識は欠かせません。正常なヘアサイクルを保っていな...

グリチルリチン酸2Kの副作用

倦怠(けんたい)感

どんなものにもメリットとデメリットが存在するものです。グリチルリチン酸2Kに関してもそれは例外ではありません。

グリチルリチン酸2Kは医薬品に使われるほど炎症に効果がある反面、副作用もそれなりに存在するというデメリットがあります。グリチルリチン酸2Kの主な副作用としては、1日あたりの摂取量が40mgを超えると発症しやすいといわれている、偽アルドステロン症が挙げられます。

偽アルドステロン症は、高ナトリウム血症と低カリウム血症が特徴で、主な症状としては、血圧上昇、むくみ、吐き気、倦怠(けんたい)感などが起こります。特に高血圧の持病をもつ人は注意が必要です。

ここまで聞くと、なんだか怖いと思われる方もいらっしゃるでしょう。グリチルリチン酸2Kが配合された育毛剤は果たして安全なのでしょうか。

グリチルリチン酸2K配合の育毛剤は安全?

結論からいってしまうと、グリチルリチン酸2K配合の育毛剤はほとんど安全です。

グリチルリチン酸2Kは、化粧品や育毛剤、ニキビ薬などで経口摂取しないもの、摂取量が低いものの場合、ほとんど危険性はないと考えられています。

クリームや美容液などの粘膜に使用されることがない化粧品のうち、洗い流さないものについては配合上限が0・5%までとされています。市販されている商品は、平均的に0・1%以下で配合されているものが多いので、副作用のリスクはあまり考えなくても良いでしょう。

しかし、用量を守らず使いすぎてしまうことはオススメできません。

使用量を守ることが大切!

グリチルリチン酸2Kが配合されているからといって、多少使いすぎたくらいでは一日の上限を超えることはないでしょう。

しかし、そもそも薬の用量というものは最も効果的と思われる量が設定されているものです。グリチルリチン酸2Kの問題に限らず、薬はつけすぎても少なすぎても効果が見えにくくなるものですから、用量を守ることは育毛剤の効果を引き出すという点でも大切になります。また、女性の場合、育毛剤だけでなく日ごろ使っている化粧品等にグリチルリチン酸2Kが含まれていることも考えられますから、過剰な使用は控えましょう。

とはいえ、あまり気にしすぎて神経質になってしまうと、逆にストレスで髪にダメージを与えてしまうかもしれません。使用量をきちんと守るだけで、グリチルリチン酸2Kの副作用は避けられます。

育毛のためには、グリチルリチン酸2Kとうまく付き合っていくことが大切です。

おわりに

今回は多くの化粧品や育毛剤に使用されているグリチルリチン酸2Kをご紹介しました。うまく付き合えば非常に効果の高い成分なので、ぜひ育毛ライフに活用したいですね!