女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 育毛剤にアルコールが含まれている四つの理由 髪への悪影響はないの?

育毛剤にアルコールが含まれている四つの理由 髪への悪影響はないの?

育毛剤を使う女性

原材料表を見ると分かるのですが、育毛剤にはエタノールなどのアルコールが含まれることが多いです。しかし、なぜアルコールが育毛剤に含まれるかご存じの方は少ないのではないでしょうか?

今回はその理由についてご紹介します。特に髪への悪影響が心配な方はご確認ください。 マイナチュレ

育毛剤にはアルコールが含まれる

配分量こそ違うものの多くの育毛剤にはアルコールが含まれています。これはアルコールに書かれている原材料表を確認すると分かるでしょう。そこにはエタノールやセタノールなどの表記があるはずです。

育毛剤に含まれるアルコール

育毛剤に含まれるアルコールにはエタノールやメタノール、イソプロパノールなどの種類があり、これらを総称してアルコールとしています。

エタノールは消毒用にも使われるアルコールであり、消毒用アルコールといえばエタノールを指すことも多く、育毛剤に含まれるアルコールも多くはエタノールです。

女性用育毛剤は配合量が少ない

エタノールをはじめとするアルコールの配合量は男性用育毛剤と女性用育毛剤で差があり、男性用育毛剤が50~70%ほど配合されているのに対して、女性用は20~30%程度といわれています。

つまり、女性用の育毛剤の方がアルコールによる影響を受けにくいわけです。

育毛剤にアルコールが含まれる四つの理由

消毒作用

育毛剤にアルコールが含まれるのはきちんと理由があってのことです。ここからはなぜ育毛剤にアルコールが含まれるのかを見ていきましょう。

さまざまな成分を混ぜ合わせる

育毛剤には何十種類もの成分が含まれているため、中には相性の悪いものも存在します。そういった成分の分離を避け、うまく混ぜ合わせるのがアルコールの役割のひとつです。

エタノールは水にも油にも溶けることから、多くの成分をつなぎ合わせてくれます。いわば、アルコールは育毛剤における監督役なのです。アルコールがいなければせっかくの育毛成分がバラバラになってしまいます。

過剰な皮脂と取り除く

頭皮の皮脂腺はTゾーンの3倍程度あるといわれています。皮脂の分泌が過剰になると頭皮環境の悪化から抜け毛が増え薄毛が進行していきます。

育毛剤に含まれる適量のアルコールが頭皮を消毒し、過剰な皮脂を取り除くことで頭皮環境を改善してくれるのです。そのため、育毛剤の塗布によるヘアサイクルの正常化が期待されます。

殺菌作用で品質を保持

育毛剤は開封後から空気に触れていき時間と共に雑菌などの増殖が出てきます。アルコールには殺菌作用があるため、雑菌の増殖を防ぎ、開封後も育毛剤の品質を保持してくれます。つまり、アルコールが防腐剤としての役割を果たすのです。また、アルコールの殺菌作用にはフケやかゆみ、臭いなどのトラブルを予防する効果もあります。

アルコールによる清涼感

アルコールの含まれる育毛剤には清涼感があり、塗布した後に頭皮がスーッとする感覚を味わえます。これは塗布した後にアルコールが蒸発し頭皮の熱を奪っていくためです。そのため、アルコールの含まれない育毛剤では清涼感を味わえないこともあります。

男性用の育毛剤の方がアルコールの配合量が多いことから、清涼感が高いとされています。

【一緒に読まれている記事】
育毛剤の副作用を徹底解説!気を付けたい五つの症状
育毛剤には多くの成分が含まれることから、副作用を発症するケースも見られます。うつ症状や内臓へのダメージなど深刻な副作用はほぼ無いといわれますが、めまいや動悸...

アルコールは髪に悪いのでは?

疑問をもつ女性

上記のようなメリットを持ったアルコールですが、髪への塗布が悪影響を及ぼすとされる一面もあります。ここからはアルコールがどのように髪に悪いのかを見ていきましょう。

アルコールが髪に与える悪影響

アルコールが髪に与える悪影響で有名なのは頭皮の乾燥です。先ほども話したようにアルコールには頭皮の過剰な皮脂を取り除く効果があるのですが、この時、同時に頭皮の水分も奪ってしまうことがあります。

そうなると、頭皮の乾燥による抜け毛が懸念されます。少量のアルコールであれば基本的に問題ないとされますが、敏感肌や乾燥肌の方は避けた方がいいかもしれません。

また、アルコールの持つタンパク質を変性させる効果が頭皮や髪に良くないといわれることもあります。

少量であれば基本的には問題なし

アルコールが髪や頭皮へと悪影響を与える可能性は0ではありません。しかし、少量のアルコールであれば極端に気にせずとも平気でしょう。

そもそもアルコールは私たちが普段使っているシャンプーにも含まれるものです。これが頭皮へと悪影響を与えるなら、既に問題となっているでしょう。

ただ、アルコールが大量に含まれる育毛剤については避けた方がいいでしょう。男性用の育毛剤はアルコールの配合量が多いので、女性の方は女性用育毛剤を使うようにしましょう。

心配ならノンアルコール

どうしてもアルコールの影響が心配であれば、ノンアルコールの育毛剤を使う手段もあります。ただし、アルコールの含まれない育毛剤は種類が少なく、選択肢が限られてしまいます。そこから女性用となると数はさらに少なくなるようです。

【一緒に読まれている記事】
女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いはなに?男女兼用もあるの?
最近はドラッグストアなどで、女性用育毛剤と書かれた商品を数多く目にするようになりました。以前は育毛剤といえば男性用と決まっていましたが、薄毛に悩む女性が増え...

おわりに

育毛剤にエタノールなどのアルコールが含まれる理由は以上になります。アルコールと聞くと頭皮に悪影響を与えるイメージが強いかもしれませんが、実はメリットも多く持った成分です。

そのため、極端に気にする必要はありません。もし、副作用を感じれば、その時にノンアルコールの育毛剤を検討する、くらいの心持ちで大丈夫でしょう。