女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 毎日飲みたい!育毛効果のある七つの味噌汁!

毎日飲みたい!育毛効果のある七つの味噌汁!

毎日飲みたい!育毛効果のある7つのみそ汁! width=

育毛に効果的な成分として、大豆食品の中に含まれる「大豆イソフラボン」が注目されています。その大豆食品のなかでも、「みそ汁」は、日常的によく食べるものです。育毛に効果的だからと毎日同じみそ汁だと飽きてしまいますよね。

今回は、飽きずに食べられる育毛効果のある具材とみそ汁をご紹介したいと思います。

マイナチュレ

大豆イソフラボンの育毛効果は?

大豆を持つ女性の手

大豆イソフラボンは、髪の成長や発達を促してくれる女性ホルモンの代わりをしてくれる成分です。特に女性のホルモンバランスの乱れを整えてくれることで、薄毛対策や育毛につながる成分とされています。また、女性ホルモンの働きには、髪の成長を促進させたり、成長期間を持続させたりといった効果があります。

育毛促進!イソフラボンとカプサイシンの効果

イソフラボンと一緒に取ることで育毛効果を促進できる成分がカプサイシンです。カプサイシンは、トウガラシなどに含まれるからいと感じる部分に含まれており、大豆イソフラボンと摂取することによって「IGF-1」という物質が増加します。

この「IGF-1」は、毛母細胞を高い確率で活性化させることができ、発毛を促進させると同時にヘアサイクルの成長期が長期化するため、髪の寿命を延ばすことに期待できます。現在、育毛業界でも注目されている成分です。

みそ汁の「みそ」の育毛効果は?

大豆みそのイメージ

育毛において、重要なのは育毛効果のある成分を取り続けることです。その場限りで使っても意味はありません。毎日イソフラボンを取ることは大変です。大豆イソフラボンを摂取しやすい食材としては納豆も挙げられますが、ネバネバ感や臭いがダメだという方もいます。そんな方のための育毛みそ汁をご紹介します。

八丁みそには育毛成分「IGF-1」、「アグリコン型イソフラボン」が含まれている!

みそ汁のみそにもたくさんの種類があります。その中でも八丁みそは、先述したトウガラシと大豆の組み合わせ以外の「IGF-1」が含まれている食材として挙げられています。

八丁みそは、他のみそと比べて醸造期間が1年から3年と長期にわたって作られています。八丁みその中には「IGF-1」を増加させる成分が多く含まれており、長い期間醸造されることで「IGF-1」が増えるとされます。また他のみそより、醸造が長いことで大豆イソフラボンがアグリコン型イソフラボンに変化します。

大豆イソフラボンは糖と一緒になった状態で存在しています。通常イソフラボンは腸内で糖を分解することで、イソフラボンを吸収することができます。

アグリコン型イソフラボンは、その糖が切り離された状態のイソフラボンです。八丁みそは、そのアグリコン型イソフラボンが多くあることから、育毛成分を多く含み効率よく摂取できる食材といえます。

【一緒に読まれている記事】
イソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめ
イソフラボンは、育毛成分だけでなく、女性らしさを保つ美容成分でもあります。こちらの記事では、イソフラボンの育毛効果や摂取の上での注意点を含めて、徹底解説して...

育毛効果のあるみそ汁の具材は?

みそ汁を飲む女性5

育毛効果のある食材を使ったみそ汁をご紹介したいと思います。

1.ワカメ+豆腐のみそ汁

定番ですがワカメと豆腐のみそ汁は、ミネラルが豊富なワカメと豆腐のイソフラボンを考えたみそ汁です。ワカメなどの海藻類には、ミネラルの他にもビタミンや食物繊維など髪の成長にいい成分が含まれています。

しかし、ミネラルなど髪の毛の成長をサポートする成分は、髪の元になるタンパク質を摂取しないと効果が発揮されません。植物性タンパク質である豆腐と一緒に取ることによってさらに育毛効果を高める仕組みです。

2.トウガラシ+豆腐のみそ汁

一味唐辛子(七味やキムチなどでも大丈夫です)と豆腐を合わせて食べることで、先述したイソフラボンとカプサイシンの育毛効果を得られることができます。

唐辛子は大体小さじ1から2杯で、からいと感じることが大切です。また、カプサイシンのからさの効果は発汗成分があり、身体が温まることから血行促進効果もあります。頭皮環境を整え、育毛効果を高める成分としておすすめです。

3.ほうれん草+油揚げのみそ汁

ほうれん草は、各種ビタミンやミネラルが豊富で栄養価が高い緑黄色野菜としても知られています。特に育毛に必要なビタミンAのもとになるカロテンや血行促進に役立つ鉄分が多く含まれています。

そして、油揚げの栄養素には、大豆イソフラボンだけでなく、ビタミンEも含まれています。ビタミンEは、ホルモンバランスを整え、血行促進効果、頭皮などの肌荒れの解消などの効果もあります。

4.トマトのみそ汁

意外な組み合わせかもしれませんが、みそ汁にトマトを入れることで酸味が含まれさっぱりとした味わいのみそ汁になります。

トマトに含まれる「リコピン」には、抗酸化作用や血液をさらさらにする作用があります。血流がさらさらになることで、頭皮に栄養が運びやすくなり頭皮環境を改善されます。

5.しじみのみそ汁

しじみに含まれる「オルニチン」には、育毛効果があるとされています。オルニチンは、成長ホルモンの分泌を促進させる効果があるとされています。また、オルニチンが体内に入ると「ポリアミン」になり、髪の毛の成長を促す細胞の増殖につながるといわれています。

6.かす汁(酒かす)

かす汁の酒かすには、アデノシンという育毛をサポートする成分が含まれています。アデノシンとは核酸の一種でDNAの遺伝情報やエネルギー伝達などに関わる重要な成分です。

このアデノシンは、発毛因子である「FGF-7」を生成します。「FGF-7」は、毛母細胞の分裂を活発にさせ、発毛促進させます。また、アデノシンは髪の毛の成長期を伸ばし、血行促進や頭皮の炎症を抑える作用があります。

7.豆乳みそ汁

大豆食品は主に「畑のお肉」と表現され、良質なタンパク質や大豆イソフラボンを含んでいます。豆乳は、大豆の組織を細かくし、消化しにくい食物繊維を取り除いているので、大豆より消化吸収がいいとされています。

豆乳をみそ汁に入れると味がマイルドになり、みその味がかなり薄くなるので、いつもよりみそを多めにするなど、お好みで味のバランスを整えましょう。

【一緒に読まれている記事】
ワカメなどの海藻が育毛にいいっていうのは本当なの?
昔からノリやワカメ・昆布などの海藻を食べると、髪の毛がツヤツヤになって増えると言われます。髪の毛に効果があるといわれれば薄毛に悩む人は積極的にとりたいもので...

おわりに

みそ汁は、入れる食材の組み合わせやみそを変えることで、育毛効果の高い食材を取ることができます。女性にとって、大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える食材なので、継続的に取りましょう。

毎日、育毛効果のある食材を取り続けることで、頭皮環境の改善やヘアサイクルを正常につながり、育毛や薄毛対策になります。