女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > ワカメなどの海藻が育毛にいいっていうのは本当なの?

ワカメなどの海藻が育毛にいいっていうのは本当なの?

海藻

昔からノリやワカメ・昆布などの海藻を食べると、髪の毛がツヤツヤになって増えると言われます。髪の毛に効果があるといわれれば薄毛に悩む人は積極的にとりたいものですが、海藻を大量に食べたら育毛効果はあるのでしょうか?

今回は、気になる海藻類と髪の毛の関係についてご紹介します。

マイナチュレ

海藻に含まれるミネラルと育毛の関係

ワカメなどの海藻類が髪の毛にいい影響をおよぼす理由として考えられるものは、海藻類に多く含まれているミネラルです。

ミネラルは人間の体内に存在して、体の調子を整えるのに必要不可欠な栄養素です。現在は16種類のミネラルが知られており、厚生労働省ではその中の13種類のミネラルについて摂取量の基準を決めています。海藻類に含まれるミネラルはカルシウム・マグネシウム・鉄・ヨウ素・クロムなどで、特にヒジキやワカメには、カルシウム・ナトリウム・カリウムが豊富に含まれています。

ミネラルは人体の骨や歯や髪の毛を作り、体内の代謝に必要なものです。健康な髪の毛のためには、普段の食生活で不足しがちなミネラルをしっかりとることが効果的です。

人体を構成するケラチンが良質な髪の毛を作る

海藻類に含まれるミネラルには、髪の毛の主成分であるケラチンの合成を促進する働きもあります。

ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質です。髪の毛はケラチンでできていますから不足すれば髪の毛が細くなりますし、ケラチンが十分にあってクロロフィルaと結合すれば髪の毛に強さが生まれます。しっかりした太い髪の毛がほしければ、積極的に海藻を食べるといいでしょう。

ただし、海藻が育毛によい効果をもたらすといっても、発毛効果はありません。髪にコシが出たり、色つやがよくなったりすることはありますが、海藻を食べるだけで発毛するとまでは考えづらいです。

発毛のためには、海藻以外のものも食べる必要があるのです。

海藻だけでは足りない栄養素を摂取して育毛へ

大豆イソフラボン

海藻類と一緒にとりたい栄養素のひとつはタンパク質。中でもおすすめしたいのが、大豆や納豆に含まれるイソフラボンです。

イソフラボンは大豆・納豆に含まれ、女性の美肌や更年期障害に効果があることでよく知られています。さらに、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質の産出を抑制する効果があるともいわれます。

ジヒドロテストステロン(DHT)とはAGA(男性型脱毛症)の原因のひとつで、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変化したものです。DHTが増えると髪の毛が生えにくくなると考えられています。

イソフラボンを摂取することでDHTの活性化を抑えられるなら、育毛への効果は非常に大きいです。

【一緒に読まれている記事】
イソフラボンの育毛効果・種類・注意点・食品・育毛剤まとめ
イソフラボンは、育毛成分だけでなく、女性らしさを保つ美容成分でもあります。こちらの記事では、イソフラボンの育毛効果や摂取の上での注意点を含めて、徹底解説して...

亜鉛は足りていますか?

発毛にとって重要なミネラルのひとつが亜鉛です。亜鉛はケラチン合成に不可欠な栄養素で、不足するとケラチンの働きが悪化して正常な発毛サイクルが維持しにくくなったり抜け毛が増えたりします。

また、亜鉛はイソフラボンと同じく、体内で酵素の5αリダクターゼができるのを抑制します。亜鉛を定期的に摂取することで、まず5αリダクターゼの分泌量を減らし、ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量も減らして、FAGAの進行を食い止めようということなのです。

海藻を食べる+基本の頭皮ケアが育毛を促進

シャンプーする女性

海藻ミネラルの摂取とともに育毛に欠かせないのが頭皮ケアです。どんなにタンパク質や亜鉛を摂取しても、頭皮がいい環境になければ育毛は成功しにくいからです。

基本の頭皮ケアは洗浄。実は頭皮には非常にたくさんの皮脂腺があり、分泌した皮脂で頭皮が汚れやすいのです。頭皮上にたまった皮脂は毛穴をふさいでしまうため、新しい髪の毛が生えにくくなります。

海藻類を積極的に食べることと同時にこまめな洗髪で頭皮の汚れを洗い流し、育毛がしやすい頭皮環境を作ってあげることが大切です。

アミノ酸系洗浄分のシャンプーなら、皮脂を洗いすぎない

頭皮ケアの基本は洗髪ですが、これはシャンプー剤を使って皮脂を落としきるということではありません。

頭皮にたくさんの皮脂腺があるのは、分泌した皮脂で頭皮を守るためでもあるからです。シャンプー剤を大量に使って毎日洗髪することは、頭皮上の皮脂バリアーを洗い流してしまうことにつながり、かえって育毛に悪影響を及ぼすことも考えられます。

シャンプーはアミノ酸系洗浄分の入ったものを使い、あまり洗いすぎないようにするのが大切です。

アミノ酸はタンパク質の主成分でアミノ酸系シャンプーは髪の毛や頭皮への刺激が少ないといわれています。適度な回数のシャンプーで、頭皮を清潔に保ちましょう。

なお新しいシャンプーは使用前にサンプルなどを使用して、頭皮への刺激にならないかを確認することも大事なポイントです。

【一緒に読まれている記事】
アミノ酸系シャンプーと普通のシャンプーは何が違う?どんな効果があるの?
アミノ酸系シャンプーはその名の通りアミノ酸系の成分をメインに配合しているシャンプーのことです。一部では育毛シャンプーとも呼ばれており、薄毛や抜け毛に悩む女性...

おわりに

健康な頭皮を作るには、海藻類の栄養素は欠かせません。海藻類を中心にバランスの良い食事と適度な運動、ストレスの少ない生活で元気な頭皮と元気な髪をめざしましょう。

海藻を食べるだけでは髪の毛は生えてきませんが、生えやすい環境を作ることは可能です。