女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 40代女性の薄毛の原因と対策方法

40代女性の薄毛の原因と対策方法

鏡でヘアチェックする女性

40代は、女性にとってさまざまな身体的なトラブルが増え始める年代です。そのなかでも薄毛は、外見的にとても気になる問題と言えます。女性は男性よりも薄毛になりにくいと言われています。

しかし、近年はびまん性薄毛と言われる、髪の本数が減って、髪が細くなってしまう薄毛の女性が増加傾向にあります。そんな薄毛の原因は何なのか、どうすれば対策できるのか。そんな気になるところをわかりやすく説明したいと思います。

女性にとって、いつまでも若々しくありたいと願うのは、当たり前のことです。その願いをかなえるためには、薄毛にならないように対処する必要があります。

原因を知って、取れる対処方法がわかっていれば、薄毛にも前向きに対応できるはずです。ぜひ参考にして、いつまでも若々しいあなたでいてください。

マイナチュレ

40代女性の薄毛の原因は?

鏡で髪をチェックする女性

ひと口に薄毛と言っても、いろいろな種類があり、どの原因による薄毛なのか、すぐには判断できない場合もあります。

どうしても気になる場合や、急激に薄毛が進行した場合などは、早急に皮膚科の病院や、女性の薄毛専用のクリニックなどで診察してもらいましょう。単なる薄毛であると思っていても、大きな病気によって薄毛の症状が表に出ているという場合もあります。

特に短期間に急激に髪の毛が抜けてしまった場合には、体の内部に問題が発生している可能性が高いので、早めの診察をおすすめします。そのような緊急性のある薄毛ではなく、原因がはっきりとしていて、誰にでも起こってしまう薄毛もあります。今回はそれらについて詳しく説明します。

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性にはAGAという代表的な薄毛の症状があります。男性ホルモンを原因とするものなので、一見女性には関係なさそうに思えますが、実は女性にもその女性型である、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛の症状があります。

これは、年齢が上がるにつれ、ホルモンバランスが乱れがちになる女性には多い症状であると言われています。女性の体にも男性ホルモンはあります。その男性ホルモンが、女性ホルモンの乱れによって、活発化して、薄毛の原因となってしまうというものです。

女性は閉経が近づくと、女性ホルモンの量が安定しなくなって来ます。そのせいで、薄毛が発症してしまうのです。ただし、女性の場合はびまん性の薄毛と言って、完全に脱毛することはあまりありません。

髪が細く弱くなって、髪の生えない隙間が増え、髪のボリュームがなくなってしまう症状がほとんどです。すきっ歯のように間が抜けて髪がスカスカになってしまうのです。

分娩(ぶんべん)後脱毛症

近年は高齢出産をする女性が増えています。40代での出産は負担が大きく、出産時特有の体の変調がより大きく響いてしまいます。分娩(ぶんべん)後脱毛症というのは、ある意味、自然な薄毛状態と言えるのですが、40代女性の場合この状態からの回復が難しいことがあるようです。

妊娠中の女性はその胎内の赤ちゃんを守るために多くの女性ホルモンを分泌し続けています。女性ホルモンは髪の成長に強く影響するので、妊娠中は本来のヘアサイクルが乱れ、抜けるべき髪が抜けずに成長し続けることになります。

出産が終わると、その状態が終わり、妊娠中に抜けるはずだった髪が一気に抜けてしまいます。これが分娩(ぶんべん)後脱毛症です。本来は半年から1年程度で自然に回復するのですが、女性ホルモンが回復しにくい40代女性の場合、そのまま回復せずに薄毛が継続してしまうことがあります。

けん引性脱毛症

けん引性脱毛症は、簡単に言うと髪を引っ張ることで起こる薄毛です。女性の場合職種によっては長い髪をまとめなければならないことが多く、気づいたら分け目部分が髪が薄くなっていたということがあります。

その状態を長年続けた場合、引っ張られた髪の毛根にダメージが蓄積され、髪が生えなくなってしまうこともあります。40代女性の場合、長年同じ髪型を続けてしまった結果として、このけん引性薄毛になってしまうことがあります。

一種の職業病とも言えますが、早期に分け目を変えたり髪を結ぶのをやめたりすることによって回復しやすい薄毛でもあります。

円形脱毛症

円形脱毛症は、主にストレスによって引き起こされる脱毛症として有名です。突然円形に髪が抜けてしまうので、髪が短い場合にはとても目立ちます。しかし髪が長いと、なかなか気づかないこともあるようです。

円形脱毛症は軽く見ていると、広範囲に症状が広がってしまうこともあるので、早めの治療が必要となります。原因としてはストレスだけではなく、自己免疫疾患や、アトピーなどがあり、原因を特定して早期の治療を行うことが大切です。

ストレスのせいだと決めつけて軽くみてしまわずに、それらしき薄毛部分を発見したら必ず医師に相談しましょう。

40代女性のための薄毛対策①:体質の改善

ランニングする女性

40代で薄毛に悩んでいる方、あるいは薄毛の不安を感じている方、そんなあなたのために、薄毛体質を改善する方法をお教えします。40代からでは遅いのではないかと思うかもしれません。

しかし体内環境を改善することで、薄毛になりにくくなるのは確かです。加齢によって回復力が落ちているのも間違いありませんが、だからこそなおさら回復しやすい体内環境を作ることが大切なのです。ぜひ、実践してみてください。

適度な運動で血流改善

薄毛と運動に関係があるのだろうかと思うかもしれませんが、実は、薄毛の多くが血流不足を原因の一つとしています。血流は、心臓によって体を巡りますが、全身の血流をサポートしているのは、筋肉と言うポンプです。

運動不足になると、筋肉のポンプの動きも鈍るので、血液が滞りがちになります。髪を作る栄養は、血液によって運ばれるので、血流が悪くなると薄毛になりやすくなってしまうのです。

激しい運動は必要ありませんが、全身の筋肉を活発に動かすことで、血の流れが良くなり、薄毛になりにくい体質になります。軽いウオーキングや、短時間のストレッチでもかまいませんので、毎日体を動かすようにしましょう。

適切な睡眠で新陳代謝強化

髪は、眠っている間に最も多く作られます。そのため、睡眠時間が少なかったり、眠りが浅かったりすると、髪もなかなか育たなくなってしまうのです。40代になると眠りが浅くなってしまいがちです。

そこで、良質な睡眠のために、意識して眠りやすい環境を作るように心がけましょう。寝室の照明を暖色系の間接照明にする、寝る1時間前からは、テレビやスマホの画面を見ないようにするなどの工夫をするようにしてください。

体が温まった状態で布団に入ることで、眠りに入りやすい状態になれるので、寝る前にお風呂に入るのも有効です。もちろん、なによりも夜更かしせずに早めにベッドに入ることが大切です。

リラックスタイムを取り入れてストレス緩和

薄毛の大きな原因の一つにストレスがあります。ストレスは蓄積することで自律神経に負担をかけ、髪の成長を阻害してしまいます。ストレスを緩和するには、ホッとするひとときが必要です。

夢中になれる趣味を持っている方は、自然にストレスを発散することができますが、そういったものを持たない方の場合、なかなかストレスを発散することができません。

そこで、1日に10分でもいいので、リラックスタイムを設けてみましょう。リラックスタイムと言っても、難しく考える必要はありません。お風呂に入りながら好きな香りを楽しむだけでもいいのです。

音楽を聴くのもいいでしょう。読書タイムでもかまいません。短時間でも心からくつろげる時間を作ることが大切です。

育毛剤を使って発毛サポート

40代になると自分の力だけではなかなか体質を改善することができません。そこで、薄毛が気になったら、女性用育毛剤の力を借りることをおすすめします。女性用育毛剤は、女性の体質に合わせて、髪を育てるためのサポート成分が配合されています。

回復力の低下によって、自力では回復しきれない部分を女性用育毛剤に配合された育毛成分によって補うことができるのです。生活習慣の改善と、育毛剤の力を合わせることによって、薄毛にならない体質を作って行くことができます。足りない部分は外から補えばいいのです。

40代女性のための薄毛対策②:食事による対策

食事するミドル女性

体は食事によって作られています。当然ながら、髪も食事によって作られているということになります。しかし40代になると、体に必要な栄養を吸収することが難しくなり、若い頃以上に食事には注意を払わなければならなくなります。

薄毛にならないためには、髪を作るために必要な栄養を毎日きちんと摂取することが大切です。年齢が上がるほどに、いい加減な食事では体が保(たも)てなくなってしまいます。薄毛を予防するには、髪のために食事内容を考えることが必要です。

髪に必要な栄養を毎日摂取する

髪を健康に保つために必要な栄養素は、タンパク質とミネラル、そしてビタミンです。タンパク質は卵や肉、魚、大豆など、動物性のものと植物性のものをバランスよく摂取しましょう。そしてミネラルですが、ミネラルのなかでも特に髪にとって重要なのが亜鉛です。

亜鉛は植物の種子に多く含まれていて、ゴマやピーナツ、アーモンドから摂取することができます。また、お米や小麦にも含まれています。多く含まれている食品として有名なのは牡蠣(かき)ですが、毎日牡蠣(かき)を食べる訳にもいきませんから、アーモンドなどのナッツ類が取りやすいでしょう。

ただし、塩が含まれた製品は避けるようにしましょう。最後にビタミンですが、ビタミンは緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれています。積極的に食事に取り入れるようにしてください。そして、数ある食品のなかでも、卵は髪に必要な栄養を全て含んでいるパーフェクトな食品です。できるだけ毎日食べることをおすすめします。

髪の成長を阻害する食べ物を避ける

髪の成長を阻害する食べ物として、避けるべきものもあります。それが砂糖や塩、脂質です。これらの食べ物は一定量摂取することは問題ありませんが、過剰に摂取するとたちまち血流を阻害する要因となってしまいます。

そしてこの三つの食物を、女性は取りすぎる傾向にあります。特に洋菓子や菓子パン、味付けの濃い食べ物などはできるだけ食べない努力をしましょう。どうしても食べたい場合には、体に害にならない程度の量を決めて摂取するようにしてください。

3日に一度、週に一度程度の摂取にとどめるのがおすすめです。特別な日にだけ食べるというような決まりを作るといいでしょう。くれぐれも、そのときも量は少なめに取るようにしてください。

サプリで不足しがちな栄養を補給

毎日必要な栄養を摂取しようとしても、実際はなかなか難しいものです。多くの食品を使おうとすれば、料理の手間は増えてしまいます。仕事に子育てにがんばっている40代女性にとって、時間は常に足りないぐらいでしょう。

ついつい簡単な食事で済ませてしまうということになってしまうこともあります。また、年齢が上がると、栄養を吸収する能力も低下してしまうので、普通に食事をしていては、必要な量を摂取できない栄養もあります。

そういった、不足しがちな栄養は、サプリメントで補うことをおすすめします。サプリメントを頼りすぎるのは問題ですが、足りない部分を補うにはとても便利で、有効です。必要な栄養の内、あなたにとって不足しがちな栄養のサポートに利用してみてください。

おわりに

40代女性の薄毛の原因とその対策方法を説明させていただきました。ある日鏡を見て、薄毛が進行していることに気づくと、とてもショックを受けてしまいます。髪は他人に強い印象を与える部分なので、薄毛になってしまうと、人に会うことさえ嫌になってしまうのではないでしょうか。

そんなことになってしまう前に、薄毛が進行しない環境を整えておきましょう。体質改善と、食事による対策は、基本的なものですが、だからこそ大切です。ぜひきっちりと対策していつまでも美しい髪の女性であり続けてください。