女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 紫外線から髪の毛を守るために知っておきたい四つの基礎知識

紫外線から髪の毛を守るために知っておきたい四つの基礎知識

太陽と紫外線

紫外線は髪にダメージを与える、ということを聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

紫外線の悪影響について、近年いろいろなことがわかってきました。最近であれば、「子供の目の日焼け」にまつわる問題がメディアでも大々的に取り上げられました。

今回は、紫外線から髪の毛を守るために必要な基礎知識をぎゅっと詰め込んでお届けします。知っておきたい知識の他に、紫外線から髪や頭皮を守るための具体的な方法も紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください。

マイナチュレ

知っておきたい!紫外線にまつわる基礎知識

一般的にいう紫外線とは、太陽光の中に含まれる不可視光線の電磁波を指します。近年、美容関係だけでなく健康面においても紫外線が取り上げられることが多くなってきていますから、耳なじみのある言葉ですよね。

紫外線は、赤外線などとはちがい、化学的な作用を引き起こすことが多いため、別名「化学線」とも呼ばれます。もちろん紫外線にはメリットもあるのですが、同時に髪を含む人体にトラブルを引き起こすこともあるのです。

紫外線には種類がある

紫外線と一口にいっても、実は3つのタイプに分けられます。A波、B波、C波と呼ばれるそれぞれの紫外線について少し詳しく見ていきましょう。

A波(UV-A)は、地上に届く紫外線のうち、95%以上を占めています。

A波の紫外線は、太陽光に含まれるもののうち5.6%が大気を通過し地上に届きます。雲などを通り抜ける力が強く、窓ガラスなども通り抜けることができます。そして、なんと肌をも通り抜け、肌の奥にある真皮層まで届いてしまうのです。

真皮層に届いたA波の紫外線はタンパク質を変質させ老化を促進します。

B波(UV-B)は、残り5%を占めています。

大気層を通り抜ける力はそこまで強くありませんが、太陽光に含まれるもののうち、0.5%が大気を通過して地上までやってきます。いわゆる『日焼け』を引き起こすのがこのB波の特徴です。

エネルギーが強く、細胞を傷つけたり、炎症を引き起こしたりするため、髪・皮膚・眼球などに影響を与えるだけでなく、皮膚がん等の原因にもなります。

最後にC波(UV-C)ですが、こちらはB波より有害な紫外線ですが、オゾン層に吸収されるので、人間が生活している地表に到達することは今のところありません。そのため、あまり気にしなくてもよい紫外線です。

紫外線が身体に与える影響

地表に届く紫外線の内、力が強いのはUV-Bの方ですが、UV-Aは真皮層まで届くので、どちらも油断できない存在です。具体的に紫外線は身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

まず良い影響からご紹介します。

紫外線を適度に浴びると、体の中でビタミンD3が作られます。ビタミンD3は、人体のカルシウムバランスを整えるのを手伝ってくれるので、骨の健康を保ってくれます。最近は免疫アップ効果にも期待が寄せられているようです。ちなみに人体に重要なビタミンDには、ビタミンD2とビタミンD3があるのですが、ビタミンD3の方がビタミンD2よりも2倍ほど働きが強いという研究結果もあります。

次に悪い影響の方ですが、まずは『日焼け』が挙げられます。他にもシミやしわの元になりますし、時に皮膚がんなどを引き起こすこともあります。また白内障の原因のひとつとも考えられています。

良い面もあれば悪い面もある紫外線ですが、次に、髪の毛に対してはどのような影響を与えているのかをご紹介します。

【一緒に読まれている記事】
夏の薄毛にご用心!夏に薄毛が増える原因と三つの対策まとめ
夏は抜け毛が増えて薄毛になりやすいと感じている方もいるのではないでしょうか。夏になると体も疲れやすくなりますし、全体的に身体機能が低下しているような感じにな...

紫外線と髪の関係の基礎知識

ダメージヘア

夏になると肌に日焼け止めを塗る女性は多いと思うのですが、頭皮に日焼け止めを塗る方は少ないですよね。実は、髪は常に顔の2倍もの紫外線量を浴びているといわれているんです。

でも髪は死んだ細胞なのだからガンになることもなければ、日焼けすることもないのでは?と思われるかもしれません。しかし、髪にとって紫外線は強敵なのです。

紫外線が髪に与える悪影響

そもそも髪の毛とは、たんぱく質でできています。紫外線は、このたんぱく質を分解してしまいます。

その結果何が起こるのかというと、髪の表面にあるキューティクルがはがれます。キューティクルがはがれると、髪には枝毛や切れ毛が目立つようになり、見た目の美しさが損なわれてしまうのです。

紫外線は同時に髪の色素を変質させる力も持っています。そうすると髪からはつやが失われパサパサの状態になります。それだけでなく髪の色も赤茶色になり、髪が「日焼け」したかのような状態になってしまうのです。

紫外線は天気が悪くても油断できない

頭頂部にあるため、髪は紫外線の影響をダイレクトに受けてしまいます。実は顔や身体以上に、髪や頭皮は紫外線に気を遣わなくてはいけない部位なのです。

ちなみに、紫外線は太陽光の一部ですが、先ほどお話ししたように大気をすり抜けてしまいます。大気をすり抜ける力が強いUV‐Aなどは、雲すらものともしません。

快晴の日に届く紫外線を100とすると、薄い曇りの日でもなんと80~90もの紫外線が届いてしまうのです。ちなみに完全な曇りの日は6割程度、雨が降っている場合は3割程度まで減少しますが、それでも少なからぬ量の紫外線が地表に到達しています。

天気が悪いからといって安心せずに、天気に関わりなく紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

【一緒に読まれている記事】
女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

紫外線から髪を守ろう!

帽子をかぶる女性

ここからは具体的に紫外線から頭皮を守る方法をご紹介します。

頭皮の紫外線対策は、帽子や日傘が有名ですね。売っている場所も多く、手軽に始められるのも魅力です。日傘もピンキリですが、しっかりと紫外線をカットしてくれる厚手のものを選ぶとより効果が高まります。

帽子は、種類を問わずかぶるだけでそれなりの効果を発揮します。ただ、できたら帽子の生地は木綿や麦わらなどを選ぶと良いですね。通気性の良い素材のものを選ぶと、蒸れに弱い頭皮への影響を抑えることができます。

あとは紫外線(UV)カットしてくれるヘアケア用品を使うのも効果的です。洗い流さないタイプのトリートメントや、髪専用の日焼け止めなど、現在は多数の商品が販売されていますよ。

やってはいけない紫外線対策

やってはいけない紫外線対策に、顔や身体用の日焼け止めを頭皮に塗るというものがあります。

肌に効果があるのだから髪や頭皮に塗っても大丈夫と思うかもしれませんが、あくまで日焼け止めは顔や身体の肌にあわせて作られたものです。

髪はともかく、頭皮につけるとダメージを与えてしまいます。髪・頭皮専用の日焼け止めを使用するようにしてくださいね。

季節ごとの紫外線対策

日本では5~9月ごろまでが、紫外線量が最も多くなります。この期間は、外に出るときに先述したヘアケア用品を使用し、帽子や日傘を使って頭皮や髪をガードしてあげましょう。

夏場で危険なのは、汗で蒸れてしまい、頭皮に常在菌が繁殖することです。こうなると頭皮や髪に悪影響を与えるだけでなく、臭いの原因にもなってしまいます。なるべく室内では帽子を取る、風通しの良い素材の帽子を使用するなどして、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

秋から冬にかけては紫外線量も夏より落ち着きます。もちろん少なくなるというだけで紫外線は地表に届いていますから、長時間外に出るときはしっかりと対策することが大切です。

冬になると日焼けのためだけでなく、防寒や保湿のためにニット帽などをかぶる方も多いと思いますが、保湿しすぎると頭皮が持つバリアー機能は逆に低下してしまいます。紫外線対策は大切ですが、なるべくこまめに帽子は着脱し、頭皮のトラブルを防いであげてくださいね。

おわりに

紫外線が髪に与える影響の強さは侮れないものがあります。季節や天気を問わず、きちんと対策してあげることが紫外線から髪を守ることにつながります。

今回紹介した知識を生かし、ぜひ髪や頭皮を美しい状態に保ってあげてくださいね。

また、紫外線に負けない頭皮を作るためにも、頭皮には充分に栄養を与えて上げる必要があります。育毛剤には、有効成分を始め、植物由来の天然成分やアミノ酸など、育毛に欠かせない要素がたくさん詰まっています。

就寝前や朝の起床時など、お出かけ前に育毛剤で頭皮をケアしてあげることで、紫外線の大きなダメージを予防することができるでしょう。