女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 塩素が髪の毛に与えるダメージってどのくらい?家のシャワーは安全なの?

塩素が髪の毛に与えるダメージってどのくらい?家のシャワーは安全なの?

プールと塩素

塩素は殺菌効果があることからプールの水に用いられることで有名な元素のひとつです。また、私たちが日常的に使用するシャワーや水道水にも残留塩素は含まれており、これを浴びることで髪がダメージを受けるといわれています。

今回は塩素が髪の毛に与えるダメージについて紹介します。

塩素が髪の毛に触れるタイミング

まずは日常生活の中で塩素が髪に触れるタイミングを見ていきましょう。意識することは少ないですが、大半の人は毎日のように塩素を髪の毛に浴びています。

シャワーの時

最も髪の毛に塩素が触れるタイミングといえるのがシャワーの時です。シャワーの水には残留塩素が含まれており、これが髪の毛に徐々にダメージを与えていきます。

また、水道水にも塩素が含まれることから、シャワーを使わずに髪の毛をすすいでいてもダメージを受けることに変わりはありません。毎日の入浴で髪の毛に塩素が触れているのです。

プールの時

プールに入るタイミングも髪の毛に塩素の影響が出てきます。冒頭でも話したように塩素には殺菌作用があることから、多くのプールで使われているのです。プールから出た時、髪の毛にきしみを感じるのは塩素のせいかもしれません。

【一緒に読まれている記事】
切れ毛や枝毛になってしまう原因って?正しいヘアケア方法を学ぼう!
ふと気づくと髪の毛がゴワゴワしている。毛先が枝毛に!ブラッシングしただけでブチブチ切れる!そんな状態になっていたという経験はありませんか?よくパーマなどをか...

塩素が髪に与えるダメージ

ダメージヘアを気にする女性

ここからは塩素が髪の毛に与えるダメージがどの程度なのかを紹介します。塩素はシャワーを使っている以上、毎日のように浴びるものなのでしっかり確認しておきましょう。

髪の毛をパサパサにする

塩素には髪の毛のタンパク質に付着したのち、酸化を促す働きがあります。その結果、髪の毛がパサパサになってしまうのです。プールから出た時に髪のぱさつきを感じるのは、塩素によって髪が酸化したためです。髪の毛がパサパサになると、指ですいただけで髪の毛が切れてしまうこともあります。さらに、塩素の影響が強いと髪質自体が悪くなる恐れもあるといわれています。

塩素で茶髪になる

個人差があるものの、塩素の影響で髪の毛の色素が薄くなり、徐々に茶髪になることもあります。中にはヘアカラーも何も使っていないのに、髪の毛を染めたか問われるほどに変わってしまうケースもあるようです。

実際、学生時代に水泳の部活動をしていた方の中には、髪の毛が茶髪っぽくなったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、白髪染めなどを使っていても塩素の効果で退色が早くなるそうです。

塩素が頭皮を乾燥させる

塩素は髪の毛だけでなく頭皮にもダメージを与えます。塩素には肌の乾燥を促す力があるため、シャワーやプールなどで頭皮に触れると頭皮を乾燥させてしまうこともあるのです。頭皮の乾燥は皮脂の過剰分泌や頭皮トラブルにつながるため、抜け毛が増えたり、髪の質が悪くなったりすると予想されます。また、皮脂の過剰分泌は育毛剤の効果を薄めるといわれているので注意が必要です。さらに、頭皮の乾燥はフケやかゆみにもつながります。

家のシャワーは安全なの?

シャワーに含まれる塩素を浴びると確実に薄毛が進行するとまではいいませんが、髪の毛に悪影響があるのも事実です。そのため、家のシャワーが安全とはいい切れません。

しかも、シャワーは蛇口よりも塩素が混ざりやすく、蛇口と比べると塩素濃度が2倍~3倍であるというデータが出ています。実際、シャワーに含まれる塩素の影響で髪の毛の痛みを感じている方も多いそうです。家のシャワーをより安全に、髪に優しく使うには何かしらの対策が必要です。

【一緒に読まれている記事】
女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

塩素を対策するには

水泳帽をかぶる女性

ここまでで塩素が髪の毛に与えるダメージについてお分かりいただけたでしょう。ここからは塩素対策の方法について紹介しますので、ダメージの気になる方は試してみてください。

塩素除去シャワーヘッドを使う

塩素対策のひとつとして、塩素除去シャワーヘッドを導入する方法があります。これはその名の通り、塩素を除去してくれるシャワーヘッドのことで、シャワーに取り付けることで髪の毛のダメージを軽減することが可能です。

さまざまな種類があり値段もピンキリですが、おすすめは原水と浄水の切り替えが可能なものです。塩素には殺菌効果があるため、浄水よりお風呂掃除に向いています。逆に浄水で掃除をすると、カビやぬめりが発生しやすくなってしまいます。切り替え可能なヘッドならその心配も少ないでしょう。

蛇口用の塩素除去ヘッドもある

シャワーだけでなく蛇口につける塩素除去ヘッドも存在します。これをお風呂の蛇口部分にとりつけることで、湯船の中の塩素も軽減することが可能です。髪の毛が長い方の場合、湯船の中で髪がお湯に触れてしまうことでしょう。

シャワーに比べるとダメージは少ないものの、対策をしておくに越したことはありません。

プールではシリコンキャップをかぶる

塩素はシャワーだけでなくプールにも含まれます。スイミングやダイエット目的でプールに入る機会が多い方は、水の影響を受けにくいシリコンキャップをかぶって対策しましょう。また、プールに入る前に髪を真水でぬらしておくと塩素の影響を受けにくいといわれています。

おわりに

塩素が髪の毛に与えるダメージについてはいかがでしたか。塩素によるダメージについては個人差がありますので、ダメージを受けやすいと思う方は早めに対策をしましょう。

先に紹介した塩素対策を行うことで、頭皮環境をよりよい状態に保つことができるため、育毛剤の効果アップにも期待が持てます。早めの対策が未来の髪の毛の状態を大きく左右しますよ。