女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 更年期と薄毛の関係性・症状・対策方法まとめ

更年期と薄毛の関係性・症状・対策方法まとめ

更年期と薄毛の関係性

40代に入ると髪のボリュームが薄くなったと感じる方が増えています。また、時を同じくして更年期の症状が起こる方もいらっしゃいます。

女性の更年期とは閉経を迎える前後、約10年間の期間をいいますが、閉経の年齢には個人差があり、一般的には50歳前後で迎えるとされています。

更年期と薄毛はどのような関係性なのでしょうか。今回は更年期と薄毛の関係性についてご紹介します。

マイナチュレ

更年期の症状

更年期の症状

加齢によって、子宮の卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することで身体が対応できなくなり、さまざまな症状を感じるようになります。

主な症状

更年期の主な症状をご紹介したいと思います。これらの症状を「更年期症状」と呼びます。

  • 身体のほてり(のぼせ)
  • 大量の汗
  • 頭痛・重だるさ
  • 手足の冷え
  • イライラ
  • 不眠、不安感
  • 肩こり、腰痛
  • 頻尿、尿漏れ
  • めまい、たちくらみ、耳鳴り
  • 動悸(どうき)
  • 関節の痛み
  • からだのかゆみ
  • 肌や目、口の乾燥
  • 薄毛、白髪の増加
  • 肥満
  • やせ
  • むくみなど

更年期の症状のなかに「薄毛」があるように、更年期と薄毛は密接な関係にあります。また、これらの症状が重なる場合やひとつだけしか症状がでないといった症状の場合には個人差があります。更年期の症状が強く出ることを「更年期障害」といい、病院での治療が必要な場合もあります。

【一緒に読まれている記事】
漢方は薄毛に効果的だった!?六つの人気漢方をご紹介
実は、薄毛に悩む方にとって漢方は効果的な治療です。慢性的な薄毛の方や、髪のトラブルを抱えている方も、漢方によって薄毛の体質改善が期待できます。漢方は、中国の...

更年期と薄毛の関係性は?

更年期と薄毛のイラスト

薄毛の原因の多くは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少によるホルモンバランスの乱れが挙げられます。更年期によって、卵巣機能の低下が女性ホルモンを減少させることで、薄毛の原因につながります。

女性ホルモン(エストロゲン)には、髪の成長や発達を促す働きがあります。女性ホルモンが減少すると、髪の毛の成長期間が短くなり、休止期が長くなります。髪の休止期が長くなってしまうと、髪の毛を成長させる毛母細胞が萎縮してしまうことにより「びまん性脱毛症」といった薄毛の症状が出ます。

びまん性脱毛症は進行に気づきにくく、いつの間にか髪のボリュームが減っていたと感じる方が多いです。

【一緒に読まれている記事】
女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

更年期の薄毛の対処法は?

更年期の女性がリフレッシュ

更年期と薄毛の原因が共通している点を含めて、対処法をご紹介したいと思います。

イソフラボンの摂取

女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって、薄毛の症状が出てしまうことから、女性ホルモンの代わりの働きをする大豆に含まれるイソフラボンを摂取することによって、改善することができます。

イソフラボンは主に豆腐、納豆、みそなどの大豆食品やピーナツなどの豆類にも含まれています。更年期では、女性ホルモンが減少し続ける状態にあるので、できるだけ毎日食べる習慣をつけましょう。

生活習慣を改める

40代女性は、子育てや共働き、家事などで慌ただしい生活を送っている方が多いでしょう。慌ただしい生活環境は、ストレスがたまりやすくなったり、睡眠時間が短くなったり、疲れやすくなったりなど生活習慣の乱れが、さらにホルモンバランスの乱れにつながり薄毛の症状を引き起こしてしまいます。

生活習慣を改めることによって、ホルモンバランスの乱れを少しでも減少させるようにしましょう。

子育てであれば、母親の自分ひとりが頑張るのではなく、夫や家族、友人に助けてもらうなど、息抜きする時間を作ることも大切です。もし子供が小学生以上であれば、家事を教えて少しずつ手伝ってもらうことで助けてもらいましょう。

共働きの方は、帰ってから家事や用事をすることも大変です。すべて完璧にするのではなく、今日できる範囲の家事をすることや、家族と分担することで負担を軽くしましょう。

1日の用事を最低限に減らすことで、睡眠時間を増やすことにつながります。特に睡眠時間は髪の毛を成長させる大切なものです。ストレスや疲労も頭皮の血行不良を招くことにつながるので、睡眠時間は無理にでも7~8時間は作りましょう。

更年期の症状によって、体力が落ちやすいので、運動をするよう心掛けましょう。運動は、血行促進やストレス解消になり、頭皮環境の改善や筋力がつくことで、卵巣機能が低下することを抑えます。自転車を使う人は少し歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を利用してみたりすることで運動不足を解消しましょう。

正しいシャンプーをする

間違ったシャンプーによって、抜け毛や薄毛を招くケースもあります。

シャンプーする前にぬるま湯(38~36度ぐらい)で髪や頭皮を十分に洗いましょう。熱いお湯(42度)では、頭皮の皮脂を取りすぎてしまいますので、基本ぬるま湯で頭を洗いましょう。

シャンプーは手のひらに泡立て、指の腹をつかいもみこむようにやさしく洗いましょう。その後しっかりシャンプーを落としましょう。ここでシャンプー剤を落としきれていないと、皮脂が詰まり抜け毛のもとになります。

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。髪のもとはタンパク質で分解するとアミノ酸になります。アミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪に対して低刺激でやさしく洗浄してくれます。市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるため、皮脂が多い方はいいかもしれませんが、乾燥や薄毛が気になる方は見直してみてはいかがでしょうか。

頭皮をマッサージする

頭皮をマッサージして血行をよくすることで、薄毛対策のひとつになります。

シャンプーと同時に頭皮マッサージを行ったり、美容室に行ったときにヘッドスパを受けてみたり、整体で頭のマッサージしてもらうと頭皮の血行だけでなく、スッキリしてストレス解消にもつながります。

頭皮マッサージは定期的に行うことで効果が出ますので、できるだけ毎日自分でヘアケアと同時に行うようにしましょう。たまにプロの手で頭皮ケアをしてもらうことでアドバイスを聞くことができ、自分の頭皮の状態を知ることもできます。

育毛剤を使う

頭皮環境が良くなった状態で育毛剤を使うことで効果的に薄毛対策や育毛を行うことができます。育毛剤には速攻性はありませんが、早くて数ヶ月~半年以上と続けていくことで薄毛を改善することができます。

おわりに

更年期と薄毛は密接な関係です。女性ホルモンが減少し続けることは、薄毛の原因にとっても大変なことです。基本的な原因を知ることで、どう薄毛を改善していくことができるのか考えてみましょう。

育毛剤には、髪の毛に必要な栄養がたくさん凝縮されており、女性の敏感な頭皮にも使えるように研究開発されたものが多くあります。定期コースで安くなる商品もありますので、どうしても薄毛が改善されない方や早く薄毛を改善されたい方は一度御覧ください。