女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > パーマと薄毛の関係性を徹底解説!アフターケアを忘れずに行いましょう

パーマと薄毛の関係性を徹底解説!アフターケアを忘れずに行いましょう

パーマをかけた女性

最近では、カラーリングやパーマをかけることで女性らしくやわらかな印象のヘアスタイルが好まれています。でも、このパーマが薄毛を引き起こすとしたら、あなたは今までのようにパーマをかけたいと思うでしょうか?

今回は本当にパーマをかけると薄毛になってしまうのか、また、パーマをかける際に気を付けるべきことを解説します。

マイナチュレ

パーマをかけると薄毛になるの?

髪のダメージに驚く女性

おしゃれを楽しむためにパーマをかけるのですから、本当であれば大変な事です。パーマと薄毛はどのような関係にあるのでしょう。

まずはパーマの仕組みを理解しましょう

パーマは、2種類の液剤を使用して髪に形状記憶をさせます。最初に1液を髪に浸してロッドを巻き、時間を置いて髪の状態を見ながら、パーマのかかり具合を見ていきます。この1液では、髪の成分であるケラチンを壊してキューティクルを開かせ、髪に形を覚えさせやすくするのです。髪が形状記憶をしたら、2液で髪を修復しパーマが完成するという流れになります。

最近のパーマはコスメパーマと呼ばれるもので、刺激が少なく化粧品登録された薬を使うので、昔よりは改善されてはいます。しかし、髪をロッドに巻くために頭皮が引っ張られたり、薬剤が頭皮についてしまったりするのは同じであり、どんなパーマにしても髪のダメージが0にはなることはありません。

頭皮と髪の両方にダメージを与える

パーマ液を使うと、髪の深部のタンパク質が分解されるので、髪が細くなってコシもなくなります。そうするとパーマもどんどん落ちてきますから、またパーマをかけるという形で、何回も繰り返す事になってしまいます。 結果、髪全体が痛んでしまうので、抜けやすくなるなどの悪影響が生まれてしまいます。

問題はパーマ液が頭皮に浸透すると毛穴がふさがれたり炎症を起こしたりすることです。パッチテストで問題はなくても、パーマ液によっては頭皮がかゆくなることや、赤くなる事もあるのです。そうなると毛母細胞に栄養が届かずに、髪がどんどん抜けやすくなっていきます。

一緒に読まれている記事
花粉症が薄毛を引き起こす要因と対策方法について徹底解説!
春が近づくと、花粉を気にされる方は多いのではないでしょうか。それもそのはずで、今や日本人の5人に1人が花粉症だと言われています。実を言うと花粉症は今、薄毛・抜...

パーマによる薄毛を回避するにはアフターケアがポイント!

クシで髪をとかす女性

おしゃれを楽しんだり、ボリューム感を出したりということができるパーマですが、薄毛になるからやらないという方はどちらかというと少数派かもしれません。それだけ、パーマヘアには魅力があります。薄毛になるかも…とは思ってもパーマでおしゃれを楽しみたいですよね。

ここでは、パーマ後のアフターケアについて少し触れたいと思います。

良質のシャンプーでケアをすること

美容院ではシャンプーなどを販売していますよね。その美容院で実際に使用しているものですから、髪や頭皮に良いものをお店で厳選しています。

美容院でシャンプーをしてもらった時に髪の調子が良いと感じるなら、ぜひ購入し、家でも使ってみることをおすすめします。同時にトリートメントでもケアをしっかりすることを忘れずに。シャンプー後だけでなく、髪を乾かす時にも熱から髪を守るオイルやトリートメントを利用しましょう。

ブラシではなくクシを使いましょう

パーマをかけた髪をブラシですくとウエーブが落ちやすくなるので、からみついた髪はクシを使い優しくほぐします。手ぐしも良いのですが、汚れた手で触るのはよくありません。根もとから引っ張らないように優しくスタイリングします。

頭皮マッサージはしっかりと

パーマをかけると髪のメンテナンスは気にかけるかもしれませんが、頭皮にまで気が回らないこともあるのではないでしょうか。ダメージを受けた髪を健康に戻すためにも頭皮のマッサージで血行をよくする必要があります。

よく読まれている記事
女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

パーマで薄毛にならないために気をつけること

帽子をかぶる女性

時には髪や頭皮を休ませてあげる

パーマが伸びるとスタイルが決まらなくなります。頻繁にパーマをかけたり、見た目をよくするためにカラーリングを繰り返したりすると、髪だけでなく頭皮にも影響が起こります。頭皮へのダメージが加わると、頻繁に髪が抜けるようになり髪のサイクルが狂ってしまうので、健康な髪が育たなくなります。パーマやカラーリングは同時にしない、時間を空けてカーラーを使うなど工夫しましょう。

紫外線ケアをしっかりやる

すてきなヘアスタイルを帽子などでは崩したくないとは思いますが、紫外線を受けると頭皮の老朽化が進み薄毛が進行します。紫外線スプレーという商品もありますが、これは髪の毛にしか効果がありません。帽子が嫌なら、日傘を使うなどしっかりと予防をしましょう。

おわりに

パーマをかけると、頭皮や髪に少なからず負担がかかります。しかし、アフターケアや日常的に髪や頭皮を大切にする事でパーマを長持ちさせることも薄毛にならないようにもできます。

日常的にできる対策としてもっとも気軽にできることの一つに育毛剤の使用が挙げられます。育毛剤には頭皮の健康を保つための有効成分が含まれているため、継続的に使用することで抜け毛の予防ができます。

あくまでもパーマにはリスクがあることをしっかりと頭に入れ、おしゃれを楽しみましょう。