女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 肩こりが薄毛の原因?肩こりを解消する三つの方法

肩こりが薄毛の原因?肩こりを解消する三つの方法

肩こりを解消して薄毛を改善する3つの方法

肩こりは、女性の健康の悩み第一位といわれる問題です。

平成25年、厚生労働省の国民生活基礎調査によると、「病気やけが等で自覚症状がある」と答えた人は人口1,000人あたりに対して312.4人という全体の3割という割合(有訴者率という)になりました。

その結果から症状別に分けた場合、女性では「肩こり」が最も多く、男性では「腰痛」の次に「肩こり」が多いという結果となり、多くの方が自覚症状を持ち悩んでいることがわかりました。

肩こりは、首や肩の問題だけではなく、頭皮も緊張させている状態になっています。そのため、薄毛になりやすい頭皮環境を引き起こしてしまうという怖い症状でもあるのです。

マイナチュレ

肩こりと薄毛の関係性

血管

肩こりは、肩や首の周辺だけでなく、背中などの筋肉が硬直して、血行不良を引き起こしてしまいます。

首や肩が血行不良になると、頭皮や髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が、血流によって運ばれにくくなります。結果的に、髪の毛の成長が止まり、抜け毛につながってしまいます。

そのため、頭皮が硬い人や、首や肩が凝っているという人は、要注意です。

これは、長時間によるデスクワークによって1日中同じ姿勢であることや、パソコンやスマホの使用など、生活習慣によって引き起こされると考えられます。

一緒に読まれている記事
カフェインは薄毛になりやすいって本当?噂を徹底検証!
カフェインは、コーヒーや紅茶、緑茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれている成分として知られています。主に脳神経に作用し、自律神経の交感神経が働くこ...

肩こりの原因

肩こりの女性

肩こりは、骨格や体質によってもなりやすいかどうかが変わってきますが、代表的な要因は、運動不足です。

次に、ストレスによる肩こりという順番になります。慢性的なストレスによって自律神経の交感神経が働き過ぎてしまうことから、常に筋肉が緊張した状態だったり、アドレナリンが出続ける状態が続いてしまったりすることが原因です。

筋肉の緊張は、デスクワークの肩こりと同じように神経や血管を圧迫してしまうため、肩こりを引き起こしてしまいます。また、アドレナリンの分泌は、「火事場のばか力」とも呼ばれるように人間が危機から逃れるために引き出す物質です。

その状態が続くことは、生命維持に必要のない頭皮や指先などの末端部分の血流を抑え、運動に必要な筋肉だけに血流を送ることになります。結果的に、頭皮に送られる血流が少なり、髪が育ちにくい環境になってしまうというわけです。

よく読まれている記事
女性用育毛剤の失敗しない選び方5つのポイントとおすすめ育毛剤5選
いざ、女性用育毛剤を購入しようとしても一体何を基準に選べば良いのか、最初はわからないものですよね。どんな育毛剤を使用するかの選定は、今後の薄毛対策においてと...

肩こりの解消法

身体をのばす女性

基本的に肩こりは、運動によって筋肉をほぐすという根本的な解決方法で、血流を改善していくのが1番です。

その理由としては、物理的に筋肉や身体の奥を動かすことになるため、血流を促すことや疲労物質や老廃物の排出をもっとも自然に促すことができるからです。また、運動は内臓の働きも活発にするため、副交感神経が働きやすくなり、自律神経のバランスも整えることにもつながります。

毎日の肩こり体操

体操を毎日行うことで、少しずつ肩こりが解消されます。体操をしたり、しなかったりでは効果は感じられません。起きたときやお風呂上がりに行うなど、自分でルールを決めておくと、続けやすくなります。やり方は以下の通りです。

  1. 立ったまま肩を上げ下げします。腕はぶらりとしたまま、両肩を持ち上げ、力を抜いてストンを落とします。
  2. 両肩を後ろにひき、その次に前に出します。
  3. 肩で円を描くように、肩を前回り、後ろ周りと回しましょう。
  4. 両手を上に振り上げ、後ろに振り下ろします。できるだけ真上にあげ、最後もできるだけ後ろへ振り下ろしましょう。
  5. 両腕を前に伸ばし、その位置から水平に腕を開きましょう。少しつっぱる感じがするまで十分に開くことがポイントです。
  6. 腕を大きく前と後ろに交互に回しましょう。
参考:肩こり体操|肩こり改善方法| 眼精疲労・肩こり・腰痛を考えるナボリン倶楽部

20分以上のウオーキング

ウオーキングは、時間も場所も選ばずできるのでおすすめです。ジムに通うこともおすすめですが、お金が掛かってしまうのと、行くまでが面倒に感じてやめてしまうこともあります。まずは簡単にできるウオーキングからはじめてみましょう。

ウオーキングは、20分以上歩くことでじんわりと汗をかき、血行が促進されていきます。運動不足だなと感じる方は、交通機関をなるべく使わず歩くことを心掛けるようにしましょう。

また、効果的なウオーキングのポイントは、腕を90度に曲げ、歩きながら前と後ろに降って、甲骨周りの筋肉を動かす意識をしましょう。また、前足に体重を移すときにつま先とかかとの2点たちになるようにしましょう。

かなり大げさなスタイルになりますが、普段使わない足の筋肉や肩周りを大きく動かすため、体全体の血行がよくなります。

38~40度のお湯でじっくり入浴

寝る前に入浴することによって、良い睡眠になり、身体の疲労回復を促すことが期待できます。入浴のポイントは、夕食後、1時間半または就寝2~3時間前に入浴することがポイントです。

なぜかというと、夕食後の消化によって体温が高まります。そのタイミングで入浴すると、さらに深部体温が高まり、そこから体温が降下していくという落差によって、眠りにつきやすくなります。

入浴してから眠りにつくと、頭皮の緊張をほぐし、血流を促しやすくなります。また、睡眠の質が高くなるため、成長ホルモンが働きやすくなり、毛髪の成長やダメージの修復を促すことにつながります。

おすすめの入浴方法は、38~40度のお湯に全身浴なら10~15分、半身浴であれば20~30分程度つかることで副交感神経が働き、リラックスした状態にすることができます。

おわりに

肩こりは、首や肩だけでなく、頭皮にまで血行不良を招き、薄毛の原因にもつながります。肩こりを改善することは、薄毛対策にもなり、気持ち良い生活習慣を送ることができるのです。

それでもやっぱり薄毛が気になる方は、口コミで人気の女性用育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。