女性用育毛剤徹底比較ランキング

人気の女性用育毛剤を徹底比較!
女性用育毛剤 > 分娩後脱毛症の症状・対策&治療法まとめ

分娩後脱毛症の症状・対策&治療法まとめ

分娩(ぶんべん)後脱毛症の症状・対策&治療法まとめ

「出産したら髪の毛が抜ける」そんな体験談を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は産後の女性を悩ませる『分娩(ぶんべん)脱毛症』について取り上げます。分娩(ぶんべん)後脱毛症の症状や原因、気になる対策や治療法までカバーしています。

抜け毛に悩むママさんはぜひ参考にしてみてくださいね。

マイナチュレ

子供を産んだら毛が抜けた!これって病気?

「産後、くしで髪をといたら髪が大量に抜けた」「シャンプーをしたら毎回ものすごい量の髪が抜けていく」など、産後の女性から髪の悩みを聞いたことはありませんか?また、ご自身が現在産後で髪のトラブルに悩まされているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

産後、抜け毛のトラブルに悩む女性は非常に多いです。

分娩(ぶんべん)後脱毛症とは

実はこれ『分娩(ぶんべん)後脱毛症』という、産後に現れる症状のひとつなのです。

最初に申し上げておきますが、多くの場合なにかの病気ではありませんからまず安心してください。

しかし病気ではないとはいえ、ただでさえ大変な産後の女性を悩ませる分娩(ぶんべん)後脱毛症とは一体どういうものなのでしょうか。

こんなに抜けて大丈夫なの?

大量の抜け毛を前に薄毛が心配になる方もいらっしゃるでしょう。

詳しくは後ほど解説しますが、基本的にこの症状は一過性のものです。ずっと抜け続けることはありませんし、見た目に変化が出るほど髪が抜けてしまうケースは少ないといわれています。

産後、さまざまな不安に襲われている中で対応しなければならないので悲観的になってしまうかもしれませんが、多くの女性が同じように分娩(ぶんべん)後脱毛症を体験していますから、自分だけと思わずに気楽に構えてみてくださいね。

分娩(ぶんべん)後脱毛症の症状って?

分娩(ぶんべん)後脱毛症の症状って?

ここからはさらに詳しく分娩(ぶんべん)後脱毛症についてみていきましょう。

分娩(ぶんべん)後脱毛症は、基本的に頭髪全体から髪が抜けていきます。円形脱毛症のように一部の髪がごっそり抜けてしまうようなことはありません。もし髪の毛が一部大量に抜けていわゆる『10円ハゲ』のような状態になってしまっている場合は、分娩(ぶんべん)後脱毛症ではなく別の症状ですので注意してください。

体感として「抜け毛の量が増える」というのが1番しっくりくるかと思います。

どうして毛が抜けてしまうの?

どうして出産後、女性の髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。

実は、妊娠後期は女性ホルモンが増加して、抜け毛が減少している状態になっています。つまり出産前は、頭髪が成長期を維持しつづけている状態になっているのです。

しかし出産を終えることで、体内のホルモンバランスが一気に崩れます。このとき成長期を維持してきた毛髪は一気に休止期と呼ばれる、毛母細胞の細胞分裂が止まってしまう時期に突入します。休止期の間は髪の毛の製造がストップした状態になるため、髪が一斉に抜け落ちてしまうという症状が起こるのです。

一生このまま抜け続けるの?

では出産した女性はずっとこのままなの?と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、分娩(ぶんべん)後脱毛症はあくまで一過性のものです。1年~1年半ほどの期間で元の状態に戻ります。

もちろん症状や元に戻る期間には個人差があります。基本的に第1子よりも第2子以降を出産したときの方が、症状が治まるのに時間がかかります。これは加齢が原因だと考えられています。高齢出産の場合、第1子でもなかなか体力の回復が進まず、抜け毛の症状が改善されないことがあるようです。

不安にならないで!分娩(ぶんべん)後脱毛症の対策&治療法

woman-and-dryer

分娩(ぶんべん)後脱毛症は一過性の症状なので、対策や治療法を考えなくても大丈夫です。月日が1番の特効薬になります。

ただ、どうしても不安だという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、まず食事内容やシャンプーを変えてみるといった手近なところから対策をされるのがオススメです。あまりにもひどい場合は育毛剤の使用を視野に入れても良いでしょう。

カルシウム、タンパク質といった育毛に必要な成分を多めに食事に取り入れるのが良いでしょう。特に母乳育児のお母さんは産後の不調+母乳に栄養を取られてしまうので、なるべくバランスの良い食事をたっぷり取るように心掛けてみてください。

手軽に使える!分娩(ぶんべん)後の抜け毛を抑える豆知識

ここでは美容師から教えてもらった、分娩(ぶんべん)後の抜け毛を抑える豆知識をご紹介します。

まず『頭皮はぬるま湯で洗うこと』です。産後はなかなかお風呂にゆっくり入る時間も取れず、マッサージなどを行う気力もないという方も多いと思いますが、これなら簡単に取り入れられます。37度くらいのお湯で洗髪を行うだけで、頭皮へのダメージが軽減されて抜け毛を抑えることができます。

次に『しっかりと乾かすこと』です。髪をぬれたままにするのは頭皮環境を乱す原因になります。ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。ちなみに赤ちゃんはドライヤーの音で泣きやむ子が多いといわれているので、試してみるつもりでドライヤータイムを捻出してみてはいかがでしょう?

それでも不安なときは

心配ないといわれても、どうしても不安になってしまうこともあると思います。

そんなときは病院で相談してみましょう。一カ月検診のときなら、母子ともに検診があるので聞きやすいですよ。電話等で相談を受け付けてくれる産院もあるので、サービスを調べてどんどん利用してみましょう。

周囲の人に相談して悩みを共有するのもひとつの手です。しかし、人によっては髪の毛が全然抜けなかったという女性もいるので、あくまで参考程度に聞いておくのが良いですね。

ただし、1年半以上たっても髪が抜け続ける、一部の髪だけが抜けてしまい頭皮が目立つ箇所があるといった症状がある場合、育児ストレスや他の病気も考えられます。こうした症状が出た時は放置せずに病院に行くようにしましょう。

おわりに

産後の女性はなにかと大変ですよね。ただ分娩(ぶんべん)後脱毛症は必ず治りますから、心配しすぎないでくださいね。

妊娠中頑張ったから頭皮も休憩しているんだな、くらいの気持ちで気楽に捉えておくと良いですよ。